熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



タイガーマスクの贈り物
なんでもタイガーマスクまたはその正体の伊達直人の名で子供達の施設にランドセルや文房具などの寄付をした方が何人か出てきたそうです。
僕は個人的な意見として、それらの行為を素直に称えたいです。
理由は、あくまで伊達直人という名で、決して自分の名を名乗らなかったから。

名を告げぬ行いこそ本物だ。

実は、原作のタイガーマスク第3巻にも出てくる言葉です。

原作のタイガーマスクこと伊達直人も孤児です。
第2巻で、遠征先である孤児院を訪れたタイガーは、盲目の少女と出会います。
匿名で少女や他の孤児たちにたくさんのおみやげを渡して去ります。
その後、先輩のジャイアント馬場達を裏切ってまで、賞金目当てで覆面ワールドリーグ戦に参戦して悪役レスラー達と戦います。
賞金は、少女の眼の手術代のためです。
世間からは裏切り者とののしられながら悪役レスラーの数々の卑劣な攻撃を受けながら戦い続け、後半ついにタイガーは傷つきます。

そこへ、ある覆面レスラーがタイガーを助けに来て、タイガーは優勝して賞金を手にします。
タイガーは御礼を言いつつそのレスラーの正体を見抜いて詰め寄ります。
なぜ自分を助けてくれたのか?を。
そのレスラーすなわちジャイアント馬場は、こう言いました(長いので、ちょっとはしょります)

「君の試合を見ていて思った。
単なる金目当てなら、悪役レスラーとの死闘にこうまで耐えられるはずが無い。
命あっての金だものな!
ふと気付いたのは、君が遠征先でいつもあちこちの孤児院を訪ねていたこと。
盲目の少女が名も知れぬ人からたくさんのプレゼントをもらった事も調べた。
もし君が名を名乗っていたら、僕は人気取りでやったと思ったかもしれない。
名を告げぬ行いこそ本物だ。
つまり、君は孤児達のために戦っていると知った。賞金は孤児達のものだ。僕は立ち上がった」
タイガーは涙ぐみました。

第5巻にも、いい話が載ってるんですよ。
強豪レスラーにタイガーを勝たせるために、ある先輩レスラーが自身が強豪レスラーに半殺しにされてまでタイガーを助けた事。
お陰で優勝したタイガーは、先輩から真意を聞き、泣き崩れてこう言いました。

「先輩!もっと俺に恩着せがましいことを言ってくれ!」

今の世の中、自分さえ良ければいいという風潮が目立ちます。
わがままと自己主張の区別がついてない人も多いでしょう。
給食費を払わないとか、何でもかんでも110番119番
ちょっと気に入らない事があると、何でもすぐクレームつける

「伊達直人さん」のような事をしろとまでは言いませんが、
自分という人間は自分ひとりで何もかもやっていけるわけではない
いろんな人たちにお世話になったり迷惑かけてきたことを忘れてはいけないでしょう。
どんな小さなことでもいいから、社会を通じてお返しすることは何らかの形で行いたいものです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/962-19c5bda2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)