熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



彼女は賢い。
宇多田ヒカルさんが活動休止についてトークでこんなコメント出てました。

「自分を叱ったり指導してくれる人がいない」

「普通の事が特別なことだと思う」

あれだけ有名人なのに、自分をちゃんと持ってるんだなと好感持ちました。

それに対して、今の世の中こういう人が多いんじゃないかなあ。

自分をほめてほしい!
自分は個性的だ!人と比べて変わっているんだ!
普通なんてカッコ悪い!

そう思うのは自由ですが、それってものすご~く凡庸な考えじゃないかなあ。
特にどこの世界でもプロ目指すのならば。

プロって上手くできるのが普通なんです。
お客さんからお金を貰うんだから結果を出すのが当たり前。
結果で評価されるんだから、髪の毛が金色でも赤でも、どうでもいいんです。
上手い人ほど、難しいことをさらりとやってのける。それが普通。
つまり、スキルがあるから普通に出来るのです。

僕の所属している某スクールで、たまに人物デッサンの機会があります。
参加する方は、共通しているのは皆さん熱意があること!
プロの漫画家又はプロ目指して売り込んでいる方が来ることも。
そういう方ほどわかってるんですね。
デッサンがどれほど大切かということを。

叱られるとか厳しい事言われるのはいや?ほめてほしい?
自分では気付かなかった自分の絵の欠点についてズバリ指摘してもらえるのは重要ですよ。
対策すればもっと良くなるんだから。
ちょっと厳しいこと言われただけでスクールにクレーム入れるなんて、甘えていると言うか精神年齢が幼すぎ。
もしプロ目指してると言うのなら、お客さんからちょっと何か言われただけで果たしてどうなることやら。
仕事をちょっと舐めているんじゃないかとすら思う。

仕事と言うのは、どんな仕事でもお客さんあってのものだから。

もちろん、お客さんなら何をやってもいいというものではないけれど、仮に非常識な話とかあまりに無茶言われても、それなりの対処の仕方と言うものはあるでしょう。
それはスクールに何でもかんでも教えて教えてじゃなく、社会経験がモノをいう。
「自分は人見知りです」と逃げてばかりいては、いつまでたってもそのまんま。
ファーストフード含めて接客の仕事をすると、結構いい経験になるはずです。

あなたは宇多田ヒカルさんより有名?お客さんをたくさん呼べる?ヒット作品作れますか?
できるのならば何も言わないけど。

彼女は、なかなか賢い女性だと思いますよ。
普通という事の意味がよく分かってる。
こういう賢い人が(男女問わず)少ないと思う。
ちなみに、ウォークマンに彼女の曲を数曲入れてます。
スポンサーサイト

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/941-e0954c45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)