熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



吉田都さん
さきほどプロフェッショナルという番組を見ました。
バレエの吉田都さんが出てました。
手足の長い外国人の中でコンプレックスに相当悩みながらコツコツ結果を出してトップになったんですね。

練習にしても体の手入れにしても、とにかく本番まで徹底して準備をしているという印象が強かったです。

努力してるんだなあ。
それを続けている。イギリスへ渡って17年も。
一流の人って、努力をコツコツ続けているんですよね。
それが普通。当たり前。
プロとは、ある意味「それが普通」の世界。

普通ってかっこわるくて、人と変わってるとか個性的というのがかっこいいというのは
木を見て森を見ず に感じます。
普通とは、実はすごいのです。
普通にするには、普通に出来るだけのスキルがいるからです。
そのスキルがどの程度のレベルなのか。
普通のレベルがどの程度なのか。
そこだと思いました。

吉田都さんの「普通」は、ものすごい努力の積み重ねがあればこその「普通」です。
スポンサーサイト

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/925-7487a590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)