熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見に行こうかな?
非常に迷っているものがあります。
いいものなのは分かってるんですけど、チケットがちと高い

熊川哲也さん主宰のKバレエカンパニーの「コッペリア」

今まで見に行ったのは、
一昨年に「くるみ割り人形」
image-02.jpg


今年は「海賊」
いずれも熊川さん出演ではなかったのですが(熊川さん出ると高いのよお~)
もちろん舞台も素晴らしかったけど、客層も良いですね~
某ファッション雑誌のキレイなモデルさんも見に来てました。
「ああ、こういうモデルさんって、いいものを見て教養を深めているんだなあ」
と感じました。
一流の舞台には、一流のお客さんが来るんでしょうね→僕は例外です(笑)
そういうお客さん達の心をつかむものを作るというのは並大抵のことでは困難でしょう。
それこそ自分の感性だけでは不足。
やっぱり、いいものを見たり聴いたり触れたりして磨くことです。

「コッペリア」はバレエにしては珍しく笑いの要素もあるとか。
バレエってセリフが無くてダンスなどで表現するので、笑わせるというのは結構難しいような気がします。
そういうのも見たい気がします。

インパクトが強くて、それでいて人の心を引き付けられる絵を描ける(作れる)のが理想です。
スポンサーサイト

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/914-cf8eef5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。