熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



オルセー美術館展
行って来ました。
場所は、国立新美術館。
結構人が来てましたけど、そんなにおしゃべりがうるさくなくて良かった。

(以下、画像はネットからのもので現地撮影ではないので悪しからず。)

入り口から入ると、いきなりドガ!
ドガ

ドガって名前だけでも雷でも落ちそうな名前なのに、いきなりこの絵ですから。
いやあ~贅沢だなあ。
全部で115点もあるので、とても全ての絵の画像は貼れません

もちろんモネも日傘の女性はじめ5点!
新印象派では、スーラとシニャックの作品もありました。
最近シニャック好きなんですよね~
スーラは11点もあって、人物画が結構多かったです。
あの細かい点描で、女性の背中をきっちりを描写しているのはすごい!
そういえば、ドガの踊り子の絵を含めて、人物の後姿を巧みに描いた作品が目に付きました。
セザンヌも(セント・ビクトワール山もありました)ロートレックも
そうそう、ゴーギャンも→俺は自由に生きるんだ!あばよ!みたいな名前ですね。

セザンヌ
この絵は初めて見ました。
風景やリンゴのイメージしか無かったので。

img_large04.jpg

これがロートレック

後姿には傑作が多いと聞いた事がありますが、なるほどと思いました。
構図に奥行きができるし、角度がつきますから。
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/844-03b71201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)