熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



今日は飲み会でした。
スクールの飲み会に行ってきました。
本来は僕は参加者じゃないんですが、とある方からご招待頂きました。

スクールの教室には珍しく参加者同士で飲み会やお茶したりなど交流があります。
これがグループ展の開催などに繋がっているのです。

地域のグルメネタから昔のサ○ースクールの豪傑たちの話とか(あの頃はすごかった)
今は、みんなおとなしくなって、個性は弱くなっています。

いろんな人がいたっけ
コスプレする人もいれば
ニューハ○フさんもいれば
昔の会員誌を引っ張り出してみると、酒で顔が真っ赤っかの写真がゴロゴロ(笑)
罰ゲームの話もあるけど、ここでは一応このくらいにしておこうっと。

男の人のいいところって、いい意味でバカになれるところ。
そういうところをうまくコントロールするくらいの腕の女性がいると、場が盛り上がるんですよね。

いくらうまい人でも、人間なんだから調子の悪いときはあるでしょう。
様々な事情で絵を描きたくても描けない時だってあるでしょう。
それは全然悪いことじゃない。
本人じゃないとわからない事ってたくさんありますから。

だからこそ、機会があれば是非スクールの受講生や会員同志どんどん交流してほしいものです。
巡り巡って、自分のためになりますから。

勇気出すのはしんどいでしょう。
でもその一歩は大きな意義があるでしょう。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/812-7e47de0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)