熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



城跡巡りツアーその2
腹ごしらえをしたところで、バスで移動じゃなくって行軍して到着したのが、躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)
この中に、武田神社や、あの有名な旗が展示されている宝物館などもあります。

元々、武田信玄の父の信虎が築いた武田の本城でした。
背後に山があり、逃げ込める山城があったそうです。
普通なら、ここですぐ入って武田神社・・・となるところですが、この一行は違います!

入り口にいきなり背を向けて、全然違う方向へずんずん行軍します。
躑躅ヶ崎館を囲む様々な曲輪があったらしく、現存する曲輪をひたすら歩きながら見て回りました。
一見しただけでは、曲輪だとはまず分からないでしょう。
ようやく神社の入り口に入ろうと堀の前にさしかかると、思わぬ出迎えに歴女の皆さんが一斉にパシャパシャ!
→いつもはただのドブや草むらを一斉に写真撮ってる珍妙な光景がくりひろげられますが。

PICT0014.jpg

そのお出迎えとは、このお方でした!
PICT0015.jpg
ずいぶん愛想が良かったです。

で、神社で拝み、宝物館でついに・・・待望のこの旗です!

PICT0021.jpg

説明は要りませんよね?
一応・・・武田の有名な風林火山の旗です。
そのそばの信玄公と記念撮影(これは撮影OKです)
PICT0020.jpg
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/801-4b0ba1b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)