熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



デッサンスクーリング
スクールのモデルさんのデッサンスクーリングに行ってきました。

思ったより参加者が少なかったです。
S先生から直接講評いただける貴重な機会なのに、もったいないなあ~
まあ、お陰で参加できたから僕はいいんだけど(笑)

最初に自由作品講評

ひとそれぞれ色んな絵を持ってきては講評していただくのですから
先生のコメントは当然それぞれ違ってきます。
だけど、先生は今まで数え切れないほど色んな絵を講評されてるわけですから
それぞれの絵の長所も改善点も、ぴしっと教えてくださる。
例えるなら、患者の顔色を見ただけで病状を見抜く名医のような先生です。

最近は、ほめてもらいたい人が多いようですが
それだと正直あまり上達しないでしょう。
長所と短所はひとそれぞれですから

先生から多少厳しいご意見いただいても、それをきちんと改善すれば確実にステップアップできるので、表現の幅が広がるでしょう。

とまあ、すっかり脱線しましたが、何回か休憩をはさみながらデッサンしました。
普段から描いてないと、形をつかまえるのに手間取るし、ちょっと失敗もしちゃいました。
それでも先生からそこそこ評価していただけたので、画集を頂戴しました(これ、参加者全員ではありません)

自分には何が足りないのか
何をなすべきなのか
一緒に描いた他の方たちと一堂に並べて比較されることで、気が付くことがあります。
厳しい評価だと恥ずかしいかもしれないけれど、間違いなく身になります。
以前は、わざわざ関西から電車で参加した方もいたくらい。
そのくらい貴重な一日でした。

ちなみに、拙いですが一枚だけ。
PICT0254.jpg

先生に切り絵を何点か見ていただきました。
その時のお話を参考にして、早速新たに作ることにしました。

人に見てもらうときは、たくさん描いて持ってくるくらいじゃないとだめだよ!

っておっしゃってました。
スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

良い1日でしたね^^
やはり先生の一言は私にとっても大きいです。
ズバリをいってくれるのでありがたいです。
【2010/02/07 04:53】 URL | コテン #- [ 編集]

来ればよかったのに(笑)
自由作品の講評は、コミックも漫画も風景画も色々ありました。
中には侍戦隊シンケンジャーみたいな漫画持ってきた人もいましたから。

漫画描いてる方は人物をたくさん描くし、様々なアングルから描くので人物デッサンには大抵どなたか来てます。

先生は、スクール出身のある漫画家さんの話をしてくださいました。
プロでも何度もダメだしされるそうですよ~
聞いてるだけで、こちらがへこみそうになりました(苦笑)

漫画家になりたい方へ
かなりの根性が必要です。
【2010/02/07 08:39】 URL | くまごろう #gBJhpsI. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/796-3a9214fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)