熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤若冲
さきほど、特番を見てました。
やっぱり群鶏図のような鶏の絵が好きですね~
cb2cda2bee422d32.jpeg

この絵は遠近感が無いなあ~と思っていると、番組の中でこんな解説が。
この絵、遠く離れてちょっと上から望遠レンズで見ると、こういうアングルがあるそうです。
いわゆる圧縮効果が出ていて、今で言えばCGみたいな感じが出ている。
こういう視線でものを見るとこと自体が当時としては画期的だったんですね。

若冲の絵に出てくる鶏は、時には変わったポーズで描かれています。
極端に首を下げて股間から後ろを覗いたり。
空想的な表現かと思いきや、鶏の骨格を見ると、鶏はそういう動きはできるそうで日頃から観察してちょっとした動きを見逃さないで描いていたのでしょう。

だから、若冲の一番すごいのは、「よく見ている」ことでしょう。

過去スクールに参加してデッサンしていると、一番言われたのが
「モデルさんをしっかり見て。自分の手元ばかり見ないように。」

若冲は、非常にしっかりと見ていたのでしょう。

絵って、描く前にまず見る事が大事ですから。
スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/791-4ec1e2a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。