熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



心ゆさぶるには
最近、石ノ森章太郎さんの漫画を改めて読み返しました。
それは、人造人間キカイダーです。
47663449_35e764b333.jpg
この姿、左右が青と赤というアンバランスになっています。
これにはちゃんと意味があります。
悪い命令には従わないという良心回路を組み込まれたロボットなのですが、その回路は失敗作だったので完全に機能しません。
そのため、右半身の青は正義、左半身の赤は悪のイメージだそうです。

キカイダーには実はモデルがいます。
それは

ピノキオです

木から作られたピノキオは人間になりたいと願いますが、時々悪いこともします。
特にうそをつくと鼻が伸びてましたっけ。

キカイダーの原作では、ラストにこう描かれています。

「ピノキオは人間になりました、めでたしめでたし。・・・だが、ピノキオは人間になって本当に幸せになれたのだろうか?」

石ノ森さんの漫画ほど人の心を打つ漫画はないと思います。
音楽でも絵でも漫画でも絵本でも、人の心を打つということはうまいへたを遥かに越えたところにあります。
いわんや長文の理屈など論外。
僕は今、それを古典から感じているところです。

石ノ森さんをはじめ、昔の漫画家の読書量は相当なものでした。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/790-b0490bf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)