熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



表彰式
行ってきました。
以前は、表彰式の後に、場所を移して絵が展示されているギャラリーでパーティーが行われていました。
ここ数年パーティーをやらなくなったのは非常に残念ですが。
あのパーティーに参加することで
「来年も、このパーティーに招待されるようになるぞ!」
ってモチベーションにつながるのに。
過去パーティーに参加した時は、とっても気分良かったですから。
この記事をご覧のスクールの皆さん。

「来年のコンテストではパーティーやって!」
ってみんなで声を大にして言いましょう。

さて、今回の表彰式で何かハプニングとまで言えるものは特に無かったかな。
そういえば、アメリカから来るR先生。
いつも話が非常に長くなってスタッフさんたちがやきもきするんですが、今回はとても短かったです。
通訳の方が、どう見ても
「そんなに言ってるかな?」
って思うくらいにきちんとまとめて言ってくれたので。

○○先生賞を取った方たちに、先生方からひとことずつありました。
もっと沢山描いてくださいという言葉が多かった中で、ある先生の言葉
「もちろん根性とか粘りとかは大事です。しかし、ゆったりした気持ちも大切です。」
なぜかな~?と思っていたら、こういうことだそうです。

当スクールの受講生や会員さん達の多くは、学生さんや普段仕事をしている人が多い。
これは、美大生などと比べると、絵を学ぶという点でハンデがある。
もちろんたくさん描いて練習してほしいけど、あまりに無理を重ねてしまうのも良くない。
時間のやりくりなど含めて、決して無理しすぎないように上手くペース配分する事が大切だとおっしゃってるわけです。

大賞の作品が、どのような点が優れているのか、ここでしか聴けない話がでました。
だから、表彰式も大事なんですよね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

ブログに書き込みいただきありがとうございました。
アートコンテストの表彰式に行ってらしたんですね。
有意義な時間だったようで羨ましいです。

グループ展来月なんですね~。
今のところ11/17辺りにいけそうな感じです。
火曜が定休日なので。
ところで場所は東京ですか?
東京に住んでいながら都内に行く事はめったにないので
時刻表と地図のにらめっこから始めないと…。
めちゃめちゃ人見知り激しいので
もし、いらしているのが分かっても
話しかけられるか疑問です(^^;)。
ブログを拝見していつも行動力に驚かされています。
【2009/10/18 20:14】 URL | ムトウ #- [ 編集]

ムトウさん
はい、大賞作品などについては、月刊誌がまだ皆さんに届いていな状況ではまだ書けませんけど、皆さんにとって参考になる話だと思います。

グループ展、おお、そうですか。
また日程近づいてきてはっきりしたらお知らせ頂ければ幸いです。
初対面は誰しも緊張するものです。
それでは、このblogのリンクの「琉世の切り絵」にアクセスしていただき、「問い合わせ」からメール頂ければ場所などいろいろ詳しくお知らせいたします。
詳しくは、その時に♪
【2009/10/18 21:03】 URL | くまごろう #gBJhpsI. [ 編集]

表彰式
とても貴重な時間を過ごされたようですねぇ。
大賞作や入賞作、そして、くまごろうさんの絵を見るのが楽しみです。(私の名前も出てるはず。よかったら探してみてください(笑)。)
しつこいが、来年はまた、名前だけじゃなくて、絵も載るように!!今から勉強は始っています。
お互いに精進しましょうネ!!(…なんか偉そう?ごめんなさい)。
では。
【2009/10/18 23:53】 URL | youko #7Q2UUh.s [ 編集]

youkoさん
大賞にする作品がふたつ出て、どちらにするか相当議論されて決まったそうです。

そうですね、精進して来年は是非!
僕は脱力系なので、精進などとは恐れ多くて・・・
コンテストとはいえ、半分は新しい試みの実験の場としても活用しています。
今回、方向性としては良いようなので、更にいろいろ改善の上で、別の展覧会を狙います。
【2009/10/19 00:07】 URL | くまごろう #gBJhpsI. [ 編集]


くまごろうさん、講評会&表彰式、充実した体験をされたようで良かったですね。
11月号、あと2週間足らずで届きますね。
わくわく♪

でも、原画を見て、先生方のお話を直に聞くことって、ほんとに大事ですよね。
誌面では作品の良さが半分も伝わらない感じ・・・
原画見たいけれど、なかなか足を運べないのです。
【2009/10/19 01:09】 URL | ゆきたんぽ #- [ 編集]

ゆきたんぽさん
おっしゃる通り、原画を見たうえで先生の講評を聞くことは、今後の制作におおいに役立つことでしょう。

皆さんに11月号が届いた頃に、入賞の作品について差しさわりの無い範囲で・・・・

昔に比べて、表現の幅が広がっているように感じられました。
【2009/10/19 18:55】 URL | くまごろう #gBJhpsI. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/752-66842856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)