熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



トリノ・エジプト展
20091007202502

行って来ました。
身内からただでチケット頂いたんです。
この画像は、右がツタンカーメン、左がアメン神。
神様に親愛の気持ちを示すツタンカーメンという像だそうで、この画像では見えにくいけど、アメン神の右肩にツタンカーメンの手が回っています。

エジプトの石像は石灰岩なんですね。
大理石のギリシア彫刻の方が、細密な表現ですが、表面の滑らかさややわらかい立体感など、とても美しかったです。

今回もそうでしたが、以前行った阿修羅像展、歌舞伎、Kバレエカンパニーの「くるみ割り人形」など、どこも女性客の多いこと!
特に歌舞伎とバレエはカップルさえ、ちらほら程度。

何だか、日本人男性の皆さん、日本人女性に教養で置いてきぼりになるますよ!
うんちくなど語らず、教養は思わぬ形で役に立つもの。
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント
こんばんは
今日は、台風の影響で、強い風が吹いています。
そちらはどうですか?電車は動いていますか?
確かに、言われてみれば、歌舞伎やバレエなどは、女性客が多いかもしれません。
…あと、○○歌劇団とか…。
そういった芸術的な文化には、老若男女を問わずに親しんでほしいものですねぇ。
では。
【2009/10/08 18:33】 URL | youko #7Q2UUh.s [ 編集]

電車ですか、はははは
もう笑うしかありませんでした。
某駅にて
名目上は運休してませんでしたが、電車が来なくてホームから階段、改札口まで人であふれて、警官隊がロープはって行列整理してたくらいです。

確かに芸術文化は、もっと色んな方たちに楽しんで欲しいものです。

一般的に、女性は好奇心旺盛です。
それに対して、男性は自分の存在を認めて欲しいという欲求が強いんじゃないでしょうか。

僕の場合、かつてスクールのコンテストで木っ端微塵に打ち砕かれて、
「これでは全然ダメだ。もはや恥も外聞も無い。つまらないプライドにこだわってたらダメだ!自分にとって良いものは何でも吸収するくらいじゃないと到底どうにもならない」
って思ったからです。

恥をかいたり打ちのめされるのは、誰だっていやだと思うけど、できることなら早いうちに体験しておくことが自分のためになりますから。
【2009/10/08 19:24】 URL | くまごろう #gBJhpsI. [ 編集]

なるほど!!
くまごろうさんの、向上心の原点は、そこなんですね(ちがっていたらごめんなさい)。
同じような経験をしても、くまごろうさんのように思う人もいれば、“自分はもうダメなんだ”って殻に閉じこもってしまう人もいる。
やはり、自分次第で、人生良くも悪くも出来るってことですねぇ。
“人生に無駄なことは起こらない”っていう言葉があるように、なんでも前向きに捉えることが大事ですね。
では。
【2009/10/10 14:12】 URL | youko #7Q2UUh.s [ 編集]

いいんですよ♪
木っ端微塵に打ち砕かれてから、そういう思いに至るまでに多少時間かかりましたけどv-388

危機感を持つことで、デッサンからやり直しだと思ってスクーリングに参加するようになりました。
デッサンは、やればやるほど奥が深くて、毎回自分の足りないところを痛感します、今でも。
いろんなスクーリングがあるけど、デッサンは何度か行けばもういいだろうなどというものでは無いですね。
何度参加しても、その度に発見するものがあります。
【2009/10/10 20:54】 URL | くまごろう #gBJhpsI. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/746-669e567b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)