熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



姫路城
見に行ってきました!
きっかけは、所属しているスクールのY先生が姫路城を見に行かれたそうで、自分も行きたくなったから。
そういえば大掛かりな修復工事があるとか。
姫路市役所に問い合わせてみたところ、10月から資材が運び込まれて始まるそうです。
なんとか9月中に行こうとしましたが、高速バスのチケットがなかなか取れなくて、やっと行って来ました。
新幹線高いんだもん汗

姫路駅からまっすぐ歩いて行くと、割合早く見えました。

これです。でっかいです!
PICT0144.jpg

まずは、菱の門。これは結構大きな門です。
PICT0145.jpg

この門をくぐると、右手には・・・
PICT0146~2

な~んだ、すぐそこに天守があるじゃないかあ。
これなら、結構すぐに行けるなあ。
・・・と、目の前の門を目指して。
PICT0147.jpg

しかし!
菱の門の陰には、伏兵の通り道があるのです!
この画像の門へ行く敵兵に、後ろから伏兵が襲い掛かるという具合です。
なお、この時僕のすぐ目の前には身長190センチ近いロシア人がいました。
オリンピックの砲丸投げの選手みたいでした。
偶然のタイミングでしたが、僕は彼の後ろをついていったのです。
続きは、また。
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/739-d532dec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)