熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



続・代官山にて♪
では、今度こそロバートハインデル展を。

ここです。
PICT0009.jpg
代官山ヒルサイドテラス。

う~ん、おっしゃれ~~

昨日のテレビ東京「美の巨人たち」という番組で紹介されていて、「メシアを待ちながら」という絵が実に素晴らしかったので見に来た次第です。
今ならここで見られます。(絵をクリックするとさらに詳しい説明が出てきます)

展示されてる絵の中に、3点ほど知ってるバレエダンサーの絵がありました。
これはもう、ひと目で分かりました。

熊川哲也さんと吉田都さん。

そういえば、以前熊川さんはイギリスのバレエ団時代にバレエダンサーを描いた絵を買ったという話があるけど・・・・・
「そうです、熊川さんはハインデルの絵を持ってます。それも原画も何点か持ってますよ。」
と、美人のスタッフさん が教えてくれました。
やっぱり、一流は一流を知るですね。

バレエ以外にも画像のミュージカル「キャッツ」を描いてますけど、ハインデルの絵って床の表現が独特です。
バレエではそれが顕著で、これは分かるような気がします。
僕も昨年末初めてバレエ観たけど、最も目に付いたのはダンサーの足元でした。
これは、生で観ないと分からないというか感じないでしょう。
場の空気というか雰囲気とでもいえばいいでしょうか。
ライブだって、その場の空気があるからこそ一層楽しめるわけで。

ひとつ、いいヒントを頂いてきました。
動きを出す方法。
折角のチャンスですから、盗めるものは盗まなきゃ♪
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/682-b19dc325
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)