熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



プロフェッショナル
超伝導の材料研究を手がけている科学者(大学教授)さんでした。
絵を描く人には
「うわ~科学なんて難しいからやだ~」
なんてあるかもしれませんが、絵を描く人はこういう研究者を見習うべき点があると思うのです。

たくさんの失敗を重ね、定期的にみんなの前でレポートもするのですから、お粗末な事してたら容赦なく突っ込まれます。
(学生を刺激する意味で意図的に突っ込むという一面もあるようですが)
科学にとって、真実の前には自分のプライドなんて何の価値も無い。
だから、とにかく粘り強い。
これって絵を描く人間に大いに必要な資質といえるでしょう。

そういえば、昔こんな話がありました。

ワクチン予防接種や狂犬病の研究で有名なパスツールという科学者が、ある時蚕の伝染病の研究に着手します。
しかし、蚕のことをほとんど知らなかったので、ファーブルを訪ねます。
当時パスツールは既に有名でそれ相応の地位にいました。
対してファーブルは世間一般にはまだまだ無名に近い状態。
要するに科学者としてはパスツールの方がずっと格上にも関わらず
ファーブルに教えを請いに行ったわけです。

真理を追究するのにメンツは要らない。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

こんにちは。ムトウです。
わざわざブログにまでお越しいただいてありがとうございました。
内緒コメントを使ってかえってご迷惑かけてしまったみたいで…スミマセンでした。
ブログ本文に余り関係ないかと思って使ってしまったのですが、基本的にはオープンで行きますので(^^)
今後ともよろしくお願いします。

【2009/05/27 06:04】 URL | ムトウ #- [ 編集]


いえいえ、大丈夫ですよ。
他にも内緒コメントされる方もいますから。
内容によっては内緒もありですよ~
【2009/05/27 12:23】 URL | くまごろう #gBJhpsI. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/670-dca8df2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)