熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



万年筆でスケッチ♪
最近、アイディアスケッチに万年筆を多用しています。
きっかけは「王様の仕立て屋」というマンガです。
この漫画、様々なうんちくが出てくるのと、8時だよ!全員集合みたいな昭和のギャグ好きにはたまらないはず(笑)

コミック第11巻の「吾が輩の万年筆」という話で、主人公の織部悠がセーラーの「竹」という万年筆を持ってるという場面があって
「竹でできた万年筆?珍しいな」
と思ってセーラー万年筆のサイトを見たら、こういうものが載ってました。

img10487477389.jpg
これは布袋竹という普段は釣竿などに使う竹。

img10487484662.jpg
これは煤竹を使った万年筆。
茅葺(かやぶき)の家で囲炉裏の煙に約100年以上(!)燻された煤竹を使ったものです。
値段も結構するので、おいそれとは買えませんが・・・・

もちろん、こういう万年筆だけじゃなくて、普通のデザインもたくさんあります。
むしろデザインやカラーリングなどでは海外ブランドの万年筆にも色々素敵なものがありますが。

セーラーの魅力は、なんといっても他社にないオリジナルのペン先が色々ラインナップされてる点です。
僕がアイディアスケッチに愛用してるのは、これです。
emperor_nc.jpg
面白い形でしょう?
長刀コンコルドエンペラーといいます。
こnペン先だと、細くも太くも自由自在に描けるので、メリハリのある線でスケッチできるんです。
詳しくは、こちらにて 「万年筆スペシャルコンテンツ」の「オリジナルペン先」をご覧ください。

そうそう、このメーカーではインクのブレンドもやってます。
万年筆のインクって、元々は真っ黒じゃなくてブルーブラックのインクが主流。
なぜなら、黒の顔料はペンの中に目詰まりしやすいからだそうです。
インクの色は、結構たくさんあります。
それらをブレンドして、「あなただけのオリジナルカラー」なんてのもできますよ~
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

はじめまして、
先ほどはコメントをありがとうございました。
そして丁寧にリンクもしてくださってどうも~です。
くまごろうさんは、切り絵やスケッチをなさっているんですね。そういう方がえらぶ道具ってとても興味があります。太い・細いが自由自在ならペンとしても使いやすいですよね。私もアラビア書道をするので太い・細いがどう出るのかがとても興味があります。
 では、また。
【2009/05/09 12:47】 URL | miriyun #X.Av9vec [ 編集]

miriyunさん
いらっしゃいませ。
この万年筆のメーカーでは、職人さんによるペンクリニックというイベントを開催しています。
職人さんは、中東へも行った事あるそうですよ。
カリグラフィー調の字なら、セーラーさんなら面白い書き味の万年筆がいくつかあるので機会があれば是非お試しください。

画像のコンコルドのいうペン先も、万年筆で絵を描く画家のリクエストがきっかけだそうです。
【2009/05/09 17:04】 URL | くまごろう #gBJhpsI. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/652-b18edbad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)