熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



達人は臆病?
さきほど「プロフェッショナル」を見てました。
今回は、国宝級の文化財輸送の達人。
最近運んだのは、これです!
e586bdd7c95f06bc.jpg

腕のみが木で、他は漆を固めて作ったので空洞だそうです。
しかも、あっちこっち ひび割れ があ~~~
そうです、非常に・・・・・

壊れやすい造り の仏像です。
(ベートーベンの運命が聞こえてきそうです)

とにかく振動を極力おさえる下準備そして実験を繰り返したとか。

今回の達人もそうなんですが、これまで番組に出てきた方たちの口から「臆病」という言葉を何度も聞きました。
それも自分から「臆病だから」と言います。
こういう人が一流の証じゃないかなあ~って感じます。

なぜかというと、臆病でいると下準備を入念に行うようになります。
起こりうるアクシデントに対してあらかじめ対策を用意できるようになります。
慢心しないから、油断によるミスをしにくい。

反面、ハッタリきかせるとか
「俺はこれはいいんだ!」と言って人の話を聞かないとか
「私は個性的で変わってるんです」という自分に心のどこかで満足したり
それだと、気づけるものに気づかなかったりするかも。

入念な準備といえば、今年のスクールのアートコンテスト。
2枚出品予定で1枚は完成して、今は2枚目の習作です。

恥ずかしながら、昨年までは習作でしっかり練ってなくて実質すぐ本番!に近かった。
だけどそれじゃあ馬脚が現れます。

さっき棟方志功の特番やってましたけど、版画の下絵で山のようにデッサンしまくってから版画作っていたそうですよ。
本番は清書のようなもの
習作なっとくいくまで何枚でも描くくらいしなきゃいけませんね。
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/651-aa79851c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)