熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



中国古代戦国時代
20090423234243

僕は紀元前という言葉が結構好きです。
カエサルなどの時代よりも、春秋戦国時代の方が古い分だけ、まだ未知の世界の匂いがプンプン。

たとえば

五十歩百歩
登竜門
完璧
断腸の思い
破竹の勢い
覆水盆に返らず

これらの言葉は、ほとんどが紀元前の中国の春秋戦国時代の言葉です。
大体約2300~2500年くらい前でしょう。
こちらに色々載ってます。

今日、BS-HIでプレミアム8という番組を見ました。
作家の宮城谷昌光さんの解説によって、孟賞君をはじめ戦国時代の名君や名臣はては食客にまつわる話まで出てきて、なかなか面白かったです。

食客という言葉、聞いたことあるかもしれません。
要は居候ですね。

孟賞君は、実にユニークな人をたくさん食客として面倒を見ていました。
弁舌巧みな人はもちろんですが、他国で泥棒だった人とか、ちょっとした特技の持ち主とか。

でも、それが思わぬ形で孟賞君の命拾いになったこともあったそうです。
おそらく、このエピソードは、「どんな小さなことでもムダではないのだよ」といわんとしてるのかな?
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/646-54fae7b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)