熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



久々のスクーリング
久々というか一年ぶりのスクーリングに行って来ました。
お目当ての先生にお会いできる機会が滅多に無いので。
普段切り絵でしかデッサンしていないので、いやはやズタボロははは・・・
僕のとっても収穫は、もちろんありました!
自分の切り絵の弱点が分かったことです。
先生は決して切り絵がご専門でもないのに、ひと目で見抜かれました!
それを含めて改善点を教えていただいたので、今後におおいに役立てさせていただきます。
正直言って、びしっと辛口でした。
でも、辛口コメントの先生にしても画廊喫茶のご主人にしても、僕の目には福の神天使 に見えるんです。
今のご時世、人から嫌われたくないとばかりに、うわべだけの言葉ばかり。
(もっとも、スクールの先生の場合はいろいろ大変そうなので一概には言えませんが)
うわべの言葉や「ほめあい」というのは、レベルアップには全然役に立ちません。
もし僕の切り絵を見た方がそっけない態度とっても、それは僕自身に工夫が足りないから。
そのくらいの気持ちがないと、うぬぼれて進歩どころか腕が落ちてしまう。

それにしても参加者の皆さんの目、みんな巨人の星みたいな目めらめら
僕の目は、せいぜい線香花火線香花火
ちょっと怖かった・・・・・今回は隅でおとなしくしてました(苦笑)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/602-9613ac48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)