熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



人生の楽園
時々見ています。
今回は、岩手県盛岡市鉈屋町で喫茶店を営むご夫妻。
ご主人が東京の浅草、奥様が盛岡出身。
東京の自営店を廃業して、盛岡へ移住。
鉈屋町のとある町屋で喫茶店を始めました。

町屋というと京都というイメージがありましたが、実際にはあちこちの地方に町屋はあります。
でも、町屋の並ぶ通りならではの風情というものに意外と気づかない人が増えているのかな?
それだけに地元の方たちは大変危機感を持っていて、町屋の保存や活用に力を入れています。

ひとつ印象的な場面がありました。
ご主人は毎週一回、いつも喫茶店のために水汲みにくる井戸の掃除をしています。
きっかけは、それまで掃除をしていた地元の方が体調を崩したため。
移住というか地域に溶け込むというのは、こういう姿勢も必要です。
いい思いだけしようとせずに、心も価値観も地域に溶け込む努力をしてこそ移住したことになる。

僕は「ちょい悪おやじ」ってどうも好きになれませんでした。
こういう人生の楽園に出てくるような方が、もっともっと増えて欲しいです。
自分もそうありたいです。

車を降りて、町屋を散策するようなゆったりした時間を楽しみたいものです。
スポンサーサイト

テーマ:岩手県 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント
私も観ました。
くまごろうさん、お久しぶりです。
鉈屋町は、歩いても行ける距離なのに、行ったことがなかったです。
盛岡にもああいう風情のある町があるんだなぁとうれしくなりました。
リアル井戸端会議ができますね(笑)
今度、ぶらぶら出かけてみようv-219

私も、『ちょい悪オヤジ』はどうも好きになれません。
むしろ、上着をズボンにインしているような男性が好きです??
伝わったかしら??ちょっとちがったかな??

【2008/12/15 14:20】 URL | こまち #- [ 編集]

こまちさん
いいですね~
是非鉈屋町レポお願いします。
町の人たちが行政任せにせずに積極的に活動しているのが素晴らしいと思いました。

僕の地元には、こういう人あまりいないような気がします。
グチばかりこぼしてないで、いいところは見習ってコツコツ前進する姿勢が大切ですね。

ちょい悪オヤジ・・・いわんとする事は分かりますよ(笑)
せこいですよね。
【2008/12/15 19:52】 URL | くまごろう #gBJhpsI. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/562-6b18d44a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)