熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



スケッチに大活躍
本日、セーラー万年筆のペンクリニックに行って来ました。
セーラーさんきっての万年筆作りの名人といわれている職人さんが来られて、万年筆を調整・修理してもらえるというものです。
部品交換などの重症でない限り、原則的には無料。
僕が持ってるのはミュージックというペン先のセーラー製の万年筆。
元々は楽譜に♪を書くためのものです。
人と違いを出したいので、カリグラフィーっぽい字を書けるように改造してもらいました。

以前から切り絵のアイディアが出たときにスケッチに良さそうなモノを入手しました。
これです!
20081130183453

セーラーの万年筆。
ペン先がひん曲がってるように見えますが、そういうペン先でして。
詳しくはこちらに載ってますが、このペン先だと、表と裏を使って実に面白い書き味を楽しめます。
まず、普通に書くと、こういう線。
20081130183451

次にひっくり返すと、ちょっと太い線。
20081130183449

更に寝せて書くと随分太い線に。
20081130183447


以前から、切り絵のアイディアをスケッチにするのに万年筆を使いたいと思っていました。
でも通常使っているブルーブラックのインクだとにじみやすいので、仕方なくボールペンで書いていました。
この万年筆に滲まないセーラーの「極黒」というインクの組み合わせ。
これだけいろんな線を使い分けられればスケッチには最適です。

いっそ、来年のコンテストにペン画というか万年筆で描いてみようかなとさえ思いました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/557-d2965611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)