熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



テレビ
20081107184012

しぶとく使ってきたブラウン管のテレビが、最近うつりが悪くなってきました。
もうじき2009年。
あと2年で地デジ切り替えなのと、今住んでるところがケーブルテレビなので、地デジ対応の液晶テレビをさきほど配達してもらいました。
本当は、僕はプラズマ派です。
理由は・・・たんにプラズマという名前が好きだから(ミーハーです)

と書くと、液晶派とプラズマ派のうんちくの応酬がありますが、そういううんちくの応酬には全く興味がありません。
どんなテレビを買っても、それでどんな番組を見るかの方が肝心だから。
僕は、将来はどちらよりも有機ELのテレビの時代が来ると思うので、液晶もプラズマも所詮つなぎだと見ています。
なので、小さめサイズの安いのを買いました。
それでも便利な機能が付いてます。
番組の一覧表を出せるなんて、これはいい!
しかもBSデジタルも一通り見られるし。
これからBSジャパンのスイス時計職人さんの特集を見ます♪


・・・見ました。良かったあ~~

番組のサイトはこちら
スイスの時計職人さん達は、単に細かい部品の組み立てだけではありませんでした。

文字盤に描かれたエナメル細密画。これは昔の王侯貴族達に大変人気のある伝統的な装飾画。
ただし、描ける職人は少なく、ただ塗るだけじゃなくて、窯で何度か焼くそうです。
なので、焼いたらどう仕上がるかも計算に入れなくてはなりません。
しかも絵の題材は、ボッティチェリの「春」のような名画の模写が多いです。

他にも部品を磨いたり、彫刻を施したり。
これらの工程は(勿論エナメル細密画も)全て顕微鏡を見て行っていました。
集中力と根気がいります。

ある職人さんが、トゥールビヨンという精密な機構を補正する装置について説明していましたが、そのヒントは何と日本の鹿威し(ししおどし)だというのですから驚きました。

若い職人さんへアドバイスをと言われて
「時計の歴史を勉強して欲しい。時計以外の様々な分野に興味を持って欲しい。教養や知識は大切。」
絵を描くのにも通じる言葉でした。
スポンサーサイト

テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/539-017802e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)