熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超一流コラボ
ネットでやっと見つけたので、アップします。
大琳展で、思わず立ち尽くしてしまった傑作です。

PHT0300188000000.jpg
蔦下絵新古今集和歌色紙

背景の淡い蔦は、俵屋宗達作。
その上の書は、もちろん本阿弥光悦。
合作なんです。今風に言うコラボというところ。

この二人の合作が他にもいくつかありました。
宗達の絵は、あくまで下絵ということでありつつ、さりげなく日本の四季を巧みに表現していました。
こういうのが大人の絵ですね。

陶器でもそうですが、光悦が前例にとらわれない自由闊達な発想と、それでいてこのように四季を織り成す表現は、今の世の中から薄れつつある日本本来の品の良さを感じます。
個性とは、本来こういうものではないだろうかと思わずにいられません。

・・・といいつつ、帰りの電車の中で 
こんなCMを見ました。
     ↓
クリックしたら、画面の上部の4つの小さな画面のうち左から2番目の香川照之さん出演のスーパーエコ割のCMを是非ご覧ください。
思わず電車の中でぷっと吹き出してしまいました。
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/535-afb12f19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。