熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



実りある撃沈
さきほど、あるお店に心密かに売り込みに行きました。
名目上は切り絵を見て欲しいという事ですが、本音はあわよくば店に並べて欲しいというのは伝わっていたでしょう。

今まで主に動物の切り絵でしたが、そのお店のカラーにあわせて画風を変えて持って行きました。
結果は撃沈。
ただし欲しいものも手に入れました。
というのは、切り絵をきちんと批評してくれる人って意外に少ないからです。

今回は道化師の切り絵を数点。
そのうちの一枚が、下の記事のイチゴ模様の道化師です。

道化師の顔が優しすぎる(特に目が)と指摘されました。
理由はちゃんとあるんですよ。
なるほど!と思って、その後チャップリンの映画「ライムライト」をレンタルしてきました。
                               ↓
                           これがヒント

無意識のうちに「道化師はこうだ」と決め付けていた事に気づきました。
やっぱり、第三者の客観的な目って必要です。

世間の営業マンだって、いつも一発で売れるわけではありません。
何度でも足を運び、粘りますよ!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/517-89a0049c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)