熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



運命の神様
果たして、そんな神様いるのかな?
僕は特定の宗教の熱心な信者というわけではありません。
実家の墓のあるお寺に、葬式や法事などでお経をあげてもらう程度。

何だか、妙な気分になったのです。

今日、都内の某所のUターン・Iターン対象のフェアに行って来ました。
移住、定住、就職はては就農支援まで。
僕も地元に近い町をいくつか話を聞いてきました。

以前から、某居酒屋チェーンが農場経営を検討したり、某ソフト会社の元社長が農場を作って農業ビジネスに乗り出すなどの動きが気になっていました。
更に、バイオ燃料や新興国の経済発展などで、日本の有名な商社が穀物などで外国に「買い負ける」ケースも出ていて、将来は食料の輸入は段々厳しくなると僕は見ています。
「ものづくり」はハイテク機器だけじゃなくて、農産物も含めて考えるべき。
そのあたりをどう考えているのか、どういう人材を求めているのかなどを、かなり突っ込んだ質問をしました。

結果は、農業の法人化を含めた将来の農業のビジネスについてのプランなど全然無い という事がわかりました。
出てくる話は、移住体験ツアーだの、そば打ち体験などという観光みたいな話ばかり。
また、農家の多くは兼業という現実に対し、移住者の就職状況を聞いたところ、担当者のみなさんは急に視線をそらして口をモゴモゴさせるばかり。
実際に移住しているのは、インターネットで設計の仕事をしてる人とか年金生活者とか。
「就職の方は、そのお~~、○○市とかあ~~」モゴモゴモゴモゴ。
ああ、なるほど。
就職に関しては、めんどくさいからタッチしたくないというわけだ。
前述の人たちは手間かからないから、あとは地域に溶け込めるようにするとか、趣味に毛が生えた程度の農業体験とかで済むわけです。
要するに過疎化対策+α程度で、地域の産業など将来につながる事など考えていない。
だけど、そんな程度で本当にUターンやIターンそして移住定住がうまくいくものでしょうか?
何より、わざわざ移住してくる人に立場になって考えていると言えるのでしょうか?

勿論、そのあたりも真剣に取り組んでいる地方もあると思います。
そういう地方には敬意を表します。
なぜならそういう人たちは、自分達の土地を真剣に思っているからです。
だから「このままでは将来大変だ」と危機感を持っている。
自分のゆかりのある町が、こんなにのほほんとした事しか考えていないなんて。
本当にがっかりしました。
会場を出るとき、とってもせつなかった。
正直、もし「これに懸けてみよう!」というものがあれば、絵を描くのを何年かストップしてでも勉強する気持ちで訪れたので。

その帰り道。

実は今日は会場までバイクで行きました。
そういう覚悟でフェアに参加した後、バイク仲間の待つ温泉まで行く予定でした。
フェアの結果次第では、仲間に別れを告げるつもりでした。
もう多分二度と会えなくなるから。
そしたら、家に程近い道で、バイクの調子が急に悪くなりました。
どうやらバッテリーらしい。
近くの店で安いバッテリーを見つけて交換したところ、エンジンが一発でかかりました!

ほっとしたのも束の間。

またエンジンが止まってしまいました。
そのままでは危険なので、どこかにバイクを移動しようとしたところ、喫茶店を発見!

疲れていたので、バイクを止めるついでにコーヒー飲んで一服しよう。

店内にはお客さんは誰もいませんでした。
むしろ幸いでした。
ほっとしたかったから。
コーヒーと、なぜかチョコレートケーキを注文しました。
普段は、チーズケーキばかりなのに。
出てきたチョコレートケーキにかかった白いパウダーが妙に気になりました。

「雪景色をこんな風にできないかな~、アクリルに頼らないで何か無いかな~」
などと色々考えてケーキをじい~~~っと見つめていました。
なんで、この期に及んでこんな事考えちゃうんだろう。バカですよね。
さぞかしご主人からは変な客だと思われていたかも。

ようやく我に返ってコーヒーを飲み、ケーキを「パウダーを見つめながら」食べました。
さて、勘定済ませようか。

と、何気に壁に掛かっている何枚かの絵を見ると・・・・


あれ?
これ、切り絵?

「うん、そう」
お店とおつきあいのある切り絵作家さんの作品。
実際に売れたものもあるのですが、ご主人(多分画商の業界に通じた方じゃないかな?)いわく
「こういう所は直したほうがいいよと言っても、聞かないんだよね~」
色々聞いていくうちに、気づいたこと。
コンテストで評価される絵と実際に売れる絵との違いについて。

その場でお願いをしました。
もちろんすぐとはいわないけど、ご主人の話の中から「これを描こう!」と思った題材の切り絵を作成し、それを都合のいいときに見ていただきたいと。

スクールの先生とは違った角度の客観的な意見を聞いてみたくなったのです。

冒頭の運命の神様。
そろそろ人生に折り合いをつけるべきなのかな・と考えているのに。
僕は決して若くはないのに、どういうお考えなのでしょうか?
素直に喜ぶべきなのか、「これで駄目ならあきらめな!」なのか。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
同感。
くまごろうさん、準入選おめでとうございました。
えっと、なかなか考えさせられる内容でした。
『人生の楽園』をよく観るんですが、あれも、第2の人生の方々ですね。
こちらでも、田舎の売り地に、「田舎暮らし始めませんか?」という垂れ幕がかかっているのを見ますが、生活の糧をどうやって得るのか・・・と感じます。
年金生活者ならいいかもしれませんが。
私も若い頃(?)にUターンしました。
秋田市なので、まがりなりにも県庁所在地。
なんとか仕事はあり、実家に世話になりましたので、なんとかUターンできました。
でも、過疎化がもっと進んだ町では、若者のUターン・Iターンは、厳しい現実があると思います。
自治体は本当に危機感を持っているのであれば、くまごろうさんが考えるように、もっと移住してくる人の身になって考えて欲しいと思います。
まず移住ありき、ではなく。
私も、なんか疲れたときは、チョコレートです。
【2008/09/21 13:34】 URL | こまち #- [ 編集]

移住ありきじゃ駄目ですよね。
ご意見ありがとうございます。
こまちさんのお話、とても興味深く読ませて頂きました。

若者が都会へ流出して過疎化が進むのは、就職したくても仕事が無い、せいぜい公務員くらいという現実が確かにあります。
そこに真正面から取り組む事こそが、移住してくる人たちへの真の思いやりだと思います。

僕も数年前、地元の企業への転職に動いた時期がありましたが、そこで出てくるのが
「あなたは中国へ転勤できますか?」
地元へ戻ったら、そこに根付きたいし、もし中国へ行けば、3~5年は戻ってこれない。
おそらく、そういう会社の人たちは自分自身が中国に行きたくないので自分達の身代わりが欲しいのだと思います。

移住への取り組みで言えば、ドバイみたいにとは言わないにしても、経済特別区みたいな扱いで働きながら農業をできる仕組みを作るとか考えないと、いまの「田舎へ移住しませんか?」は一時的なブームで近い将来終わってしまうでしょう。
まして、実は財政破綻の危機のある自治体へ知らずに移住しちゃったら大変です。

もっとも、僕が町長さんなどの立場だったら、そば打ちツアーなんて一笑に付して就職&就農支援含めたシステム作りがきちんとできるまでは移住募ったりしませんね~
人様の人生を左右することを軽く考えてはいけないと思います。
【2008/09/21 14:41】 URL | くまごろう #gBJhpsI. [ 編集]

やっと
少しの間だけ復帰です。
お久しぶりでした。
準入選、おめでとうございます。

私は北海道ですが、移住応援キャンペーンは
ある程度お金のある人むけだな、と思って見てます。

新しいことをやるのは、何だってお金がかかりますよね。
最近はお金がある自治体の方が少ないし、
政策も田舎に不利だと思います。

だから、経済力のある人を呼び込んで、
自治体を救って欲しいくらいの気持ちなんだと
思います。

その発想も田舎らしいんですけどね。
長所でもあり、短所でもある
田舎らしさ、都会らしさ、
その相互理解に努めることも、
大事な一歩な気がします。
【2008/09/22 11:38】 URL | マコ #- [ 編集]

北海道ですか。
マコさん、某掲示板読みました。
何だか今年は作品返却時期が変わっているのかな?

僕は北海道は大好きです!
過去積丹~小樽、釧路~知床などでバイクでツーリング、あと帯広へばんえい競馬を見に行ったことがあります。

経済力のある人を呼びこんで自治体を救って欲しいという発想。
      ↑
これ、まさにドンピシャ!
本当におっしゃる通りです!

天からお金が降ってこないかな?に近い発想だと思います。

移住を考えている方には、そば打ちツアーなんぞで大事な人生棒に振らないように自治体の財政を厳しくチェックするくらいはされた方がいいでしょう。
【2008/09/22 12:58】 URL | くまごろう #gBJhpsI. [ 編集]


そろそろ人生に折り合いをつけるべきなのかな・と考えているのに。
僕は決して若くはないのに、どういうお考えなのでしょうか?


実は、私。
ちょうど一年と半年前に、
上記と同じようなことを
常に 自分に問いかけていました。

悩むこと半年、
今までのしがらみを全部とっぱらう決断をしました。
わかりやすく言うと 転職したわけです。
今までのスキルを捨てて
新しい世界に飛び込んでみました。
その選択は、知人には「もったいない」といわれましたが、
その決断から 一年たった今、
まったく後悔していません。
むしろ「正しい決断だった」と思っています。

その時の 自分の問いかけに
逃げることなく真正面から向き合っていると、
かならず 答えが出てくると思います。

抽象的な言い方ばかりで ごめんなさい。




【2008/09/23 21:43】 URL | たろっち #FFeI7iKU [ 編集]

北海道ですよ
くまごろうさん、
おいしい地域を巡っていますね。

私はこの春まで数年間北見だったのですが、
市議が中卒ばっかりで、町内会のおじさんが
近所のよしみで‥なんて投票お願いにきたりしてました。

おばかさんばっかり。
市民のほぼ全員やめろってこと決めちゃったり。
ある種これも格差か、とクラクラしました。

そばうちツアーなんて、あのおじさんたちの
考えそうなことです。

田舎にこそ優秀な政治家配置するべきです。
人材がないんだから。

まあでも、田舎、いいですよ。
お金かけず生活できますし。

奥さん、カレイたくさん釣れたからもってきな、とか。
イクラの漬け方、教えてやる、とか。

‥疲れてるときは、そっとしておいてほしいですけど。
【2008/09/23 21:59】 URL | マコ #- [ 編集]

たろっちさん
ありがとうございます!
むしろ力強い応援の言葉として読ませていただきました。
まだ事情は公にはできないのですが、困ったことに直面しています。
(落ち着いたら、問題ない範囲で書きます)
折り合いとか自分は若くないという表現は、ちょっと一言で言い表せない色んな思いが交錯しています。
(主にこれからの自分の人生についてですが)
ただ、今ここで書いても多分かなりの誤解を生んでしまうかも。
直接お話するのとこういう所で書くのとでは伝わり方が違いますから。

でも、さきほどテニスの伊達選手をニュース番組の特集で見ました。
すご~~く励みになる話だったんです。
たろっちさんの言葉、しっかり頂戴しました。
頑張ります!


【2008/09/23 23:48】 URL | くまごろう #gBJhpsI. [ 編集]

マコさん
北見ですか。
確か以前は、ばんえい競馬を旭川、岩見沢、そして北見、帯広と持ち回りで開催してたんですよね。
最寄の空港は、中標津ですか?

地方分権そのものは賛成です。
でも、今の自治体を見ていたら不安はあります。
三国志の諸葛孔明は若い頃田舎に住んでいて、劉備玄徳から三顧の礼で迎え入れられましたが、今はそういう人が滅多にいないでしょう。

例えば、もし僕が東大大学院卒のエリートだったとします。
でも、マコさんのご近所のおじさまの前では、よれよれのシャツ着て、寝癖ヘアーでいますよ。
で、こんな具合に。
おじさん「へえ、お前さんこんな事も知らねえのかい~」
僕   「は、はい~、いやあ、お陰で勉強になりましたああ」
というのは、マコさんが「おばかさん」と言う方たちは、おそらく相当メンツにこだわるタイプが多いからです。
田舎の人とつきあうには、とにかく相手の顔を立てるのが第一です。

「そっとしておく」→これ、田舎の人には一番無理なことです(苦笑)

普段は死んだふりしてエネルギーを節約する。
で、ここぞというときにエネルギーを有効活用しましょう。

学歴よりも、むしろどういう人達とつきあうかが相当影響あると思います。
だから、語弊のある言い方ですが、僕はつきあう人(男女問わず)、結構選ぶ方です。
類は友を呼ぶとも言いますしね。
【2008/09/24 00:03】 URL | くまごろう #gBJhpsI. [ 編集]

今は北見じゃないですが
そうですよねええ!

何を成せるかは、学歴じゃないと思います。
ただ、北見ではですが、一番学歴の高い人が、
一番まともなこと言ってました。

学校で学べなかった分、他で学んだなら
いいんですが、
のし上がったことだけで、気持ちだけ
偉くなっちゃったんでしょうね‥。

話は人生の転換と移りますが、
私の夫は、この春学校の先生を辞め、
学生になりました。
子ども2人いて、片方は軽度ですが発達障害です。

私が収入のため必死になるわけです。
夜も働けますと言えば、音楽も他に収入を増やす
道がありますが、
コミュニケーション障害は親との関わりが
とても大切なので、子どもを優先しています。

私もちょっと脳の回路が普通じゃないので、
事務とか、普通の仕事はミスが多すぎてできません。

でも、以外と何とかなるもんです。
いまのところ、スクールも続けられてるし。

楽しいですよ、道を(ある意味)踏み外すのも。
【2008/09/25 11:44】 URL | マコ #- [ 編集]

そうでしたか。
多分、まともな事を言ってた方は、いい学校にいた頃も含めて周囲に「まともな人」がいたんだと思います。

自動車のホンダの創業者の本田宗一郎さん。
確か中卒だったと思います。
でもある時、仕事で分からないことがあって、一時期学校へ通って勉強したとか。
すでに自分の店を構えていたにもかかわらず。
いくつになっても勉強だと思います。
学問自体古くなっていって、勉強しないと世の中の流れについていけない事もありますから。

マコさんは肝っ玉母さんなんですね(冗談)
僕もマコさんを見習わなきゃ。

大好きなばんえい競馬だって、帯広の皆さんはすごく頑張っています。
また行きたいです、帯広へ。
【2008/09/25 19:34】 URL | くまごろう #gBJhpsI. [ 編集]

ごめんなさい!勘違いしてました。
喫茶店の事について書かれていたのは
こちらの記事だったんですね。

私は今、ド田舎に住んでいますが
私と同年代の人達は、他県に出ていってしまった人も多いです。

私自身は、今住んでる所は住み易いと思っているので
今の所は、引越しの予定はありません(^^)

間違ってしまい、失礼しました。
【2008/11/21 21:48】 URL | ズッチャカ #- [ 編集]

いいんですよ
先日、秋田から出てきたという男の子と話しました。
仕事が無くて、やむなく上京してきたそうです。

あ、いずれにしてもYOU TUBEの奥山さんの動画はとても面白いので是非!おすすめです。
【2008/11/21 23:32】 URL | くまごろう #gBJhpsI. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/505-29c3572a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)