熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



驚いた。
郵便配達ではなくて、宅急便が来ました。
え?
例のコンテスト、準入選でした。
準入選は初めてなんですが、なんだか中途半端な気分です。

それにしても、準入選でこんなに知らせが遅くなるとは。
まあ、ここ最近はU-○○部門が新設されたり、色々あるのかもしれないけれど。

今回はホームランか三振でいい!という気持ちだったから、こういう結果も覚悟はしていたけれど。
「気の抜けたビール」みたいな気分。

昨年の某リストに最終選考で落ちたリベンジできるかなって心中密かに燃えるものがありましたが、それは線香花火と化してしまいました(ぽたっ)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/09/18 20:28】 | # [ 編集]

ありがとうございます
コメントありがとうございます。
正直、色々考えるところがあります。
ひょっとしたら、あちこちで僕と同じような思いされてる方がいるのかもしれません。
【2008/09/18 21:09】 URL | くまごろう #gBJhpsI. [ 編集]


こにちは。
私も以前同じ賞をもらって複雑な気持ちだったよ。
ほんと、気の抜けたビールです。
その前は2回ほど入選にはいらず、その後も3回ぐらいは落ちているよ。
携帯で自分の写真を撮って何十年も審査員してる人にいわれたよ、相手を創造させることにかけているみたいだ。佐々木豊先生にはパソコンで書いた絵はやめようと言われた。手作り感がまったく感じない冷たい絵だと。
パソコン以外で書いた絵も含みの感想を頂き、自分が成長する一歩をもらったよ。
その後、技術も下手な絵でブタの絵を描いたら初の入選。その後は落選。
私達はいつもスタートに戻されたり、チャレンジ精神に背中を押されたりアートと共に生きてるような感じだよ。
くまごろうさんの見せてくれた作品好きだよ。
ロマンを感じた。






【2008/09/29 18:06】 URL | こてん #- [ 編集]

こてんちゃん
相手を想像させる事はとても大切な事。
これは僕もすごく意識してる。
ドラマや映画でも、下手な脚本ほどセリフが多いっていうし。

もし風景画のコンテストがあったとすると。
コミック系のイラストを描きたい人は、自分の作ったキャラクターや天使や猫など「好きなもの」を風景に入れちゃうかもしれない。

だけど、それだと説明的に陥りがち。

僕だったら敢えて一切キャラを描かない。
例えば高知県在住の人なら、全国区に知られている四万十川なんか良いでしょう!
川沿いの、いかにもトトロや妖精などが現れそうな場所を描いたらいいんじゃないかなあ。
夜景の方がいいね。
夜の絵ってどちらかといえば少ないし。
大体カラフルで細かく書き込む絵が多いでしょう?

その絵を見ることで
「このへんからトトロ出てきそう~」
「川の中からポニョ出てきそう~」
という具合に、見る人がいろんな想像してくれたら良いと思う。

イラストには、そういう演出の要素も大切だな~ってよく思う。
描くたびに反省と工夫と取材の繰り返し。
【2008/09/29 19:51】 URL | くまごろう #gBJhpsI. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/501-f4326f7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)