FC2ブログ
熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



村上隆展
ひょんなことからタダ券を頂いたので、昨日行ってきました。
六本木ヒルズの森美術館へ。

RIMG1480.jpg
そういえば、六本木ヒルズ来たのは初めてでした。
かなり混んでいて、ようやく入ると、このようなものがお出迎えです。
もちろんご本人ではありません。
RIMG1481.jpg

アップにするとこうなります。
RIMG1482.jpg
まったくもう、UFOロボグレンダイザーの悪役ガンダル司令じゃないんだから~
ガンダル司令
意外にも、作品の写真撮影OKでした!
そこで早速
RIMG1483.jpg
一見真っ黒に塗ってるようですが、アップにすると、
RIMG1484.jpg
こんな感じでした。
アルミを使っていて、なにかで型押ししたかのような感じで、そこに重ね塗りという感じ。

絵以外にも、こんなオブジェがありました。
RIMG1514.jpg
なんと、これはカーボンファイバーで作られていて、金箔が貼られています。

そして、今回の目玉!
RIMG1499.jpg

五百羅漢図です。
RIMG1500.jpg

羅漢の他にもいろいろ。
RIMG1505.jpg

この部分はシルクスクリーンかなあ? いろんなことやってますね。
RIMG1502.jpg

他にも
RIMG1507.jpg
とにかくどれもみな生き生きしています。

この左右の赤鬼と青鬼と真ん中の塔。
補色の効果によって、お互いが生きています。
どれも、霞んでない。どれも存在感がある。
それ自体がすごい。
RIMG1509.jpg

きれいとかかわいいとかじゃなくて

実に刺激になりましたねえ~~~

一絵描きとしては、素直に悔しいけど。
でも、そういうのが自分には必要なんです。







スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/1475-93938c27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)