FC2ブログ
熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



書の展覧会
初めて行ってきました。
RIMG1522.jpg
出光美術館。

書の展覧会でした(2/14まで)
高野切といわれる和歌集の書。
このかなの美しいこと。
連綿という言葉は、こういうかなをつなぐ表現からきているとか。
RIMG1524.jpg

ちょっと変わってるのは、かな自体が漢字からきているので、「り」を「利」、れを「礼」、「な」を「那」、「た」を「多」と書くことがあります。 
他にもいろいろあります。
そういうのを読み取って書くので、ちと手間かかりますが、それもまた楽しみの一つ。

もうひとつ見たかったのがこれ!
RIMG1523.jpg
琳派の有名人のひとり、本阿弥光悦の書です。

「うお~~~~、光悦だあ~~~~!」
と口に出そうなのをこらえながら見ました。

こういう書の展覧会って、ただ字がうまいだのきれいだのというより、その書からなにかを感じられるのが一番の魅力です。
ちなみに、出光美術館のすぐそばには
RIMG1520.jpg

皇居があるんです。
なんだか、久々にちょっと贅沢気分を味わいました。






スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/1471-bb54fbf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)