熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



戦国武将の手紙
戦国武将の手紙の載ってる本を入手しまして、臨書しているところです。

まず、石田三成の手紙

三成の手紙
内容は、「年貢率は、島左近、山田上野、四岡帯刀の三人に申し付けました。
もちろん三人は誓詞を提出し、決められたとおりにするというので、そのように納入するようにしてください」
という意味です。
漢字は比較的それっぽくてわかりやすいです。

次に明智光秀。

光秀の手紙
内容は「有吉平吉の身上について、この間そちらで世話になってることを知りました。
若輩者ですが、いずれは用に立つ男との由、尤もと思います。
私も特別に、彼の帰参のことについて細川藤孝に説得してみたいと思います。
そういうわけなので、これからも面倒見ていただければうれしく思います。
詳しいことはまたお返事します」

そして織田信長

信長の手紙

内容は「その土蔵に一万六千貫、その他公用米が俵に入ってるがそれは除いて、六千貫のうちの万疋すなわち百貫文をこちらへ届けてほしい。
浄土宗と法花宗が宗論をくりひろげたが、法花宗が負けた。
詳細は婿が申し述べるであろう」

最後に上杉謙信が喜平次(後の上杉景勝)に送った手紙

上杉謙信の手紙

内容は
「心のこもった手紙ありがとう。殊に祈祷したお守りを送ってくれてうれしく思います。
もう少しで暇ができるので、春日山城へもどったら、またいろいろお話しましょう。」

書いていて、気分は石田三成になったり織田信長になったり(笑)

三成と光秀は、ビシッと漢字で書かれていてそのいくつかは比較的読みやすい。
几帳面な感じがしました。

ちなみに直江兼続の手紙は、もう殴り書きとてもいうか、読めません(苦笑)
こんなすごい字よく相手も読めたなあ。

戦国時代から安土桃山時代の人たちなのに、随分書き方が違うんだなあと感じました。

それにしても書いていて実に面白い。
学校の書道の授業は退屈でした。
こういう臨書を授業でやればいいのに。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/1459-fe2abfeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)