熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



エリーさんとセーラさん
マッサンが終わって胸いっぱい。

久々に心に残るドラマでした。

エリーさんの顔を見て、ふとある女性を思い出しました。

このblogの2006年11月のオブセッションで有名なセーラ・マリ・カミングスさん。

オブセッションは既に終了して、枡一さんを辞めて引っ越して、今は里山プロジェクトなるものに取り組まれているそうです。

一度しかお会いして無いけど、今でもあのフレンドリーな笑顔は強く印象に残ってます。

セーラが町にやってきた (日経ビジネス人文庫)セーラが町にやってきた (日経ビジネス人文庫)
(2009/03)
清野 由美

商品詳細を見る


ついこの本を購入しました。

台風娘と呼ばれていましたが、それは店舗の改装を提案しても遅々として進まないので、自らハンマーを持ってきて壁を叩き壊したというエピソードから。

ただ、この裏には古くなった店舗の電気配線があまりに複雑になっていて、万一漏電して火事になるのを危惧したからという事情がありました。
当時セーラさんが住んでいたアパートが、ある日やはり電気配線の不備に夜漏電で火事になってしまったのです。

店舗の隣接する社長の自宅は明治時代からの歴史的にも貴重な建物。
万一火事になっては大変だと危惧したから→なら、そう言いなさいって思いましたけど。

言い出したらきかない!というイメージがありましたけど、実はものすごい勉強家でもあり、日本の文化をこよなく愛しているのが伝わって来ました。

蔵部というレストランはセーラさんの奮闘によって開店し、その後繁盛しています。

・・・が、セーラさんがいなくなってから、今月から昼のみの営業となりました。

つまり夜は営業しなくなったそうです。

これって・・・このお店大丈夫かな。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2015/05/29 01:59】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/1442-f4be7c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)