熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



とめはねっ!
ひょんなことから偶然この漫画を手に取りました。



この中で、まだ紙が無かった頃に使われていた木や竹などに書かれていた木簡が紹介されてました。

こんな感じです。

木簡1-2

この文字は、今の書道と比べると必ずしもきれいとは言えないものの、なんともいえない味わいがあるように感じました。

そこで、あくまでもなんちゃって木簡ですが、木簡の本を求めて近所の図書館へ行って調べてみることにしました。

筆ペンでなんちゃってで書きますが、ふと考えていることにうまく役立てばいいかなと。

あと、絵描きって何かしら刺激になるものが必要です。

一番コワいのがマンネリなんですよね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/1429-ee498648
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)