熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



苦情はほどほどにしましょう
テレビを見てると、CMなどでよく

「CM上の演出です」というテロップが表示されています。

そんなの当然でしょう・・・・でもわざわざ表示するということは

苦情言う人いるからでしょう、きっと。

なんだか、やたら苦情言う人が増えてますね。

思うに、団塊の世代が大量に定年になっているからかなあ?

その前からかもしれないけど。

今のテレビがつまらないのは、すぐに苦情を言う人が多いからでしょう。

僕はバラエティは東京MXの5時に夢中!くらいしか見ません。

他はみんなつまらないから。

所属しているスクールでも苦情言う人増えているようです。

「先生が厳しすぎる!」ですって。

随分甘ったれてるなあ。

下手だからしょうがないでしょ。

今は下手でもまじめに頑張る人は、確実に力つけていくものです。

実際にそういう人見てます。

下手というかデッサンもろくにできてないのにプライドがやたら高いと、取り扱いが非常に難しいです。

絵かきがデッサンの練習するのは、スポーツ選手がトレーニングして体鍛えたり技術を磨いているようなもの。

上手い人あるいは上手くなる人ほど

「厳しくでもいいから、なんでも言ってください!」と言います。

下手でプライドだけ高くて全然練習しない人ほど

「私はほめられて伸びるタイプ!」と言って褒められたがります。

見せられて、あまりに下手くそすぎてコメントに困る絵って頭が痛くなります。

「こういう絵を講評する先生、大変だなあ~~~」

だから、僕は人を教えるなんて無理無理。

強いて言うなら星一徹タイプのスパルタ派です(笑)
星一徹
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/1425-d0482cf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)