熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



とても心優しい女性です。お幸せに♫
ギタリストの村治佳織さん、この度ご結婚だそうでファンとして嬉しいやら悔しいやら(笑)

初めてCD見たときには
「すごい美人だなあ!」とぶったまげました。

これがそのCD「パストラル」
4112061565.jpg
これほどの美人、普通いません。

更に試聴コーナーで視聴してまたぶったまげました。
「これって本当にひとりで弾いてるの?」
当時彼女は20歳。
コンサートやるそうなので、チケット取って行ってきました。
場所は上智大学のそばの紀尾井ホール。

入口に入ると、大きな白百合の花束が飾られていました。
送り主は、なんと吉永小百合さんでした。
さすが一流の人は、見る目が違いますね~

彼女は、いくつかCM出てますが、そのうちのひとつがこれです。



10代でデビューしたアルバム「エスプレッシーヴォ」に入ってる曲です。

なお、コンサートでは当時まだそれほど世間一般へ露出してなかったので、終演後CD買った人たちにもれなくサインまでしてもらえました。
勿論その後大人気となってどこへ行っても満員状態になってからは無理になりましたが。

僕も当然並びまして、サインしてもらいましたが、まさか握手してもらえるとは思っていませんでした。
ギタリストにとって手は絶対に怪我できませんから。

すると彼女から手を差し出して、ぎゅう~っと力強く握手してくれました。

嬉しかったけど、大勢のお客さんにそこまでしていて、あちこちで毎回これで手大丈夫かなあ?と心配になりました。

で、人生初のファンレターを送りました。

すると数ヵ月後に・・・・なんと返事が届きました!

「誰かなあ?・・・・なんかどこかで見たような名前・・・・って、え?おい!村治?か・お・・・・えええ!?」

てなもんでした。

洒落た絵葉書にびっしり書いてありました。

品のある文章書くなあと感じました。

こんなに心優しい女性にはついぞお目にかかったことがありません。

舌の腫瘍で活動休止と聞いてはいましたが、また元気になってほしい・・・いや、なるでしょ、きっと!

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/1402-ab9037a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)