熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

象牙多層球
さきほど故宮博物館の特番で、清の時代に作られた象牙多層球が出てました。

1215zoge9.jpg

いくつもの球が重なって入っているものです。

これは象牙から球状に掘り出したものを幾重にも球が入っているように細工したものです。

そのために、当時ヨーロッパから取り寄せたある機械を使ったようです。

清の康熙帝や雍正帝、乾隆帝などの名君がいた全盛期。

一方で、中国の磁器が中東やヨーロッパに伝わっていたという事も。

明の永楽帝の時代でした。

国内外を治める上で、こうした文化はたくみに用いられていたという事。

ただ見るだけじゃなくて、多角的に観れば文化はいろんな形で世の役に立つということですね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/1393-d4a20b69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。