熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



イグノーベル賞
時には埋もれた研究や発見に対して、時には痛烈な皮肉を込めて様々な分野の業績に贈られるイグノーベル賞。

つまり、授賞理由にはユーモアも皮肉もこめられているのです。

実は、賞金は・・・・ゼロです。

業績もさることながら、受賞者も変わった人が多いそうで

中には本人が見つからなかったり、見つけるまで何年もかかったり、授賞式の時に刑務所にいた人もいたとか。

受賞者と授賞理由について、ごく一部を挙げると


1996年 平和賞 ジャック・シラク 「広島原爆50周年を記念して南太平洋で核実験を実施したことについて」

1997年 経済学賞 たまごっち開発者「数百万人の労働時間を仮想ペットの世話に転換させたことに対して」

2004年 平和賞 カラオケの発明者 「人々が互いに寛容になれる全く新しい方法を提供したことについて」

授賞理由を、そのまんまストレートに真面目にとってはいけませんよ。

研究とは、目先の結果ばかりにとらわれてはいけない、好奇心に基づいたものであることが大切だという意味合いもあるとか。

一見ムダだとかばかばかしいことが、その後多おおいに役立つことにつながった例はいくつもあります。

授賞理由を見て笑おうが馬鹿馬鹿しいと思おうが、感じることが人それぞれ違うということが大切。

それこそがイグノーベル賞ならでは。

イグノーベル的な絵のコンテストがあったらチャレンジしてみたいです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/1328-026e534b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)