熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



旗本御家人仕事いろいろ
東京国立公文書館へ行ってきました。

大奥1

江戸時代の幕臣たちの様々な仕事や文学、芸術などでも才能を発揮した人など幅広い内容でした。
それを当時の資料そのものを展示してるんですから。

まず、これは園芸の書物です。




中には、このような写生図を添えて紹介しています。
かなり本格的ですね。



こちらは、あの徳川家茂の幕臣が、長州戦争などで大坂に滞在した時に家族へ宛てた手紙です。



内容としては、ざっとこんなことが書いてありました。

「京都の物価は高いが、織物はさすがに上質、種類も豊富。

京都の人はこちらが江戸のものだとわかると、何でも高く売りたがる。

そこで、買い物の時は京言葉を使うなど工夫している。

京言葉の例文: ちよとひちりめんのええのを見せておくれんか (その他いろいろ)」

なかなかくだけた内容が他にも色々載ってました。

あと、銀座って江戸時代に銀貨を作っていた所だったのを初めて知りました。

これは、天皇陛下の名前と・・・左下にあるのは、内閣総理大臣麻生太郎(当時)

とかく漢字が読めないと言われてましたけど、なかなかの達筆ですね。



スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/1321-5bb43240
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)