熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



勇気付けられる1冊
久々に勇気付けられる本に出会いました。

日産でGT-Rの開発総責任者だった水野和敏さんの著書です。



GT-Rは国内どころか海外からも高評価で、工場はフル稼働状態。
それでも厳しいので増産をお願いしたくらいだとか。

この本には、意外な話がたくさん載ってました。

特に驚いたのは、GT-Rほどの車の開発には、なんと他社でトラックなどを作っていた早期退職の方とか日産社内であまり評価のよろしくない社員などで開発チームを組んでいたこと。

それにしても、水野さんはことあるごとに社内外あちこちから圧力受けまくっていて、おそらくそれがストレスとなってか末期のガンに侵されてしまいました。

手術して、胃、胆嚢、すい臓、脾臓などを摘出して・・・なんと現在ご健在です。
思うに、きっとどこぞの神様が
「もう一仕事やってくれよ」
という感じで助けてくれたんじゃないかなあ。
血液の状態が良好で、医者でも説明がつかないというくらいなんだから。

「生きる力プロジェクト」とか始められたそうなので、チャンスがあれば・・・

是非この方にお会いしたいです。

この本は、製造業でもサービス業でも関係なく楽しめます。

特に、ひとりでも多くの日本人男性に読んで欲しいです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/1304-c7b82b6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)