熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



乙嫁語り
週刊アスキーの「私のハマッた3冊」というコーナーで紹介されていたマンガです。



読んでいてウイグル料理を食べたくなりました(単純)

19世紀の中央アジア(今で言うトルクメニスタン、カザフスタンなど)を舞台にしたとあるかわいいお嫁さん(乙嫁)の生活と人間模様を描いたマンガです。

気立てのいいお嫁さんではありますが、生活習慣上、自ら弓矢を持って狩りに出かけて獲物をしとめてきて、捌いている様子は現地の食文化に触れている気分を味わえます。

また他にも様々な文化に触れられる独特の世界観を感じられます。

これは相当勉強したんだなあ。

乙嫁さんはじめ女性たちの服のきめ細かい描き方ひとつとっても、かなりのデッサン力!

やっぱりマンガもイラストもデッサンがしょっぱいとダメ!

「王様の仕立て屋」と並ぶ独特の世界を楽しめる作品です。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/1276-05fbc5fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)