熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



買ってしまった
あまりに先日のKバレエのドンキホーテが気に入ってしまって、買ってしまいました。



メンバーは、今回の公演の方がカンパニーのダンサー達でほぼ固まっていて溌剌としたダンス良かったです。
ただ、このDVDの方が、熊川さんのソロが(若い分だけ)パワフルでいいです。

このDVDの頃は、おそらくまだ外人のダンサーがいないと人数的に厳しかったのかも。
そう観ると、今回の公演見ただけでも、良い人材が着実に育ってきているんだなあと感じました。

そういえば、たまたま買い物に行ってある本屋で熊川さんのインタビュー記事を読みました。

バレエのコンクールについて色々語ってました。
中でも印象に残ったこととして

コンクールで予選落ちが続いている人について
「厳しいことを言うようだけど、それは残念ながら今の君に何かが足りないという事」

ただこういう一面もあるとか。
「Kバレエにはコンクール受賞歴が無くても素晴らしいダンサーはたくさんいます。
逆に受賞していても、演目のイメージに合わなければ役をもらえないこともあります。
それがプロの世界。
作品をいかに表現するかによって、アーティストとしていかに成長していけるかが大事です。」

僕自身、スクールのコンテストで予選落ちが続いて泣かず飛ばずの時期がありました。
今思いかえすと、言葉でうまく言い表せないけど
「ああ、確かにあれじゃあ足りないなあ」
と納得です。
上手いとか下手とかよりも、足りないということかな。
もちろん基礎をおろそかにしてはいけないけど。
もっとも賞取ってるような人は、かなり努力しているのは間違いないですから。

本当に大切なのは、これからだなあと実感しています。
スポンサーサイト

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/1197-760d65dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)