熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



Kバレエ見てきました
Kバレエの海賊を観に行ってきました。
東京文化会館は初めてでした。



熊川哲也出演なのでチケットはとっくに売り切れ。

ロビーに張られていたこのポスターは、プリンシバルソリストの浅川紫織さん。
かわいい~、ファンですけど今回は出てませんでした。



まず、周囲のお客さんたちに圧倒されました。
何しろ女性だらけで
「俺、ここにいていいんだろうか?」って思ったくらい。

ドリンクコーナーには、なぜかシャンパンがありました。
いかにも金持ちっぽいオーラをプンプン放ってたお客さん多かったもんなあ。

ストーリーをおおまかに紹介すると

海賊達が嵐に遭い、難破したところを通りがかった美女達に介抱されます。
海賊の親分は美女の一番のお姉さんに恋をします。
そこへ奴隷商人がやってきて、美女達をさらっていき、金持ちに売り飛ばそうとします。
海賊達は金持ちの邸に潜入して助け出すしたが、内部から裏切り者が出てピンチ!
なんとか美女達を再び助け出したが、裏切り者が親分を銃で撃とうとしたときに
熊川哲也演じる部下アリが親分をかばって撃たれて死んでしまうという話です。

つまり主役ではないのですが、アリの役には見せ場があるんです!

まず奴隷商人と戦う場面で、奴隷商人の攻撃をかわす時に、熊川哲也ならではの超高速スピン!
目にも留まらぬ速さ!
ただただビックリ!
「この人、脚にターボついてるんじゃないか?」って思ったくらい。
それだけで  「ええっ?すごい!」「オオッ!」と沸いてすごい拍手!

その後のソロの踊りでもジャンプしながらスピンして一周したり、その度に割れんばかりの拍手!
他のダンサーへの拍手とは、明らかにものすごく加速度のついた拍手でした!
これこそが格の違いですね。

「プロというのは、いかにお客を呼べるか、いかにお客を沸かせるかだよ」って、熊川さんに言われてるような気分でした。
沸かせるには、お客の心に響かなきゃ。

最後のカーテンコールでも拍手は鳴り止まず、しまいにはスタンディングオベーション。
何度も幕が開いて挨拶して、明かりがついたので
「あ、もうこれで終わりだな」
と思って帰り仕度を始めたその時に、突如幕が開きました!
みんな
「えっ?!」
と見ると、そこには熊川さんがひとりだけ立ってました。
後ろに船のセットがあって、ジャンプして船の上に颯爽と立ってポーズを取ると、お客さんが沸きに沸きました。
なかなかお茶目なファンサービスですね~

お客さん皆大満足の表情でした。

Kバレエは、バレエを誰にでもわかりやすく、しかもワクワクするような作りなので、デートにおすすめです。
なお、今回はオーケストラの生演奏つきでした。

こういう一流のものを見ているお客さんは目が肥えてるから、こういう人たちにこそ認められたいなあ。
面白かったし、刺激になりました。


スポンサーサイト

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/1164-635a638f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)