熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



ありがたいお誘い
スクールのイラスト仲間が主催しているモデルさんのデッサンのお誘いを頂きました。

ありがたいです。

デッサンやらないと腕落ちるんですよね。

たまにスクーリングに参加すると、形を捕まえるのに手間取って

「うえっ、やばい! デッサンもっとやらなきゃ」

って痛感します。

人にはそんなこと言いませんけど。

それにしてもスクーリングに参加すると、スクールのコンテスト入賞者とか既にマンガ売り込みやっている人たちが誰かしら参加してます。
そういう人たちの自由作品のイラストやマンガ見ると、めちゃめちゃ上手い!

そういう人たちはわかってるんです。
デッサンこそが何より大切だという事を。
感性とか思いつきって、はっきり言って当てにならないし、本人が思ってるほどには大したことが無いことが多い。
本人が「アート!アート!」っていくら叫んだって、アートというのは見た人が感じてこそアートだから。
アートとして認められてこそアートだから。
自分で言うもんじゃないなあ。
僕はそんな痛いことしないけど。
世の中、どこいっても認められてこそなんぼだから。

基礎ができてこそ、表現していることに説得力が増してくる。
また、今まで表現し切れなかったことが、デッサンうまくなるほど次第にできるようになってくる。
だからデッサンは重要。

わかってる人ほど、結果出してますね。
わかってないと中途半端で終わるな。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/1161-7a70ca99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)