熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



ギリギリセーフ・・・にしてね
スクールの某コンテストの表彰式に行ってきました。
直後に懇親パーティーがあって、僕も含めて皆一生懸命PRしてました。

入賞するような人たちって、みんな一所懸命で作品見ただけで

「ああ、この人は構図を随分練ってから描いたんだろうなあ」
とか、デッサンうまそうだなあとか、色々感じました。
はっきり言って、デッサンやらない人はまず入賞無理ですけどね。
基礎ができてないってことだから。
それくらいは先生に見抜かれますって。
すると、僕の作品を見ていた女性たちも、
「ああ、なるほど、ここはこうやってるんだ」
という風に、お互いに観察し合いのあわよくば盗みあい(笑)
僕自身、スクールの一番大きなコンテストで表彰式に行ったときに展示されていた上位入賞作を散々観察しまくって、会員誌では到底分からない細かいマチエールまで至近距離でしっかり見てきましたから。

そういうのを知ってるのと全然知らないのとでは大違いで、おおいに研究させてもらいました。

まあ、僕は本来ジャンル違いで今回は棚ぼたの要素があるんだけど、こういう場所に呼ばれたことで自信はつきました。
気づいたこともいろいろありました。

とりあえず名刺もそこそこばらまけたし目的達成した時点でご馳走がまだたくさんあったので、お寿司をひたすら食べてきました。

会員誌で僕の絵を見た会員さんたちが
「ええ~~~!?こういう絵が?なんでえ?」
って日本中あちこちで大混乱したら、これは一種の快感です。
前から、引っ掻き回してみたかったから。
果たしてどうなることやら。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/1111-c02cd623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)