熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



妖怪人間べム
さきほど見てました。
亀梨君がなかなかいい味出してました。

kame.jpg

43年前のアニメのドラマ化で、僕はもちろんそのアニメ見たことないし、なんで今更そんな古いものをドラマ化するの?って冷めた目で見てました。

見た感想。

独特の雰囲気があり、人間の良い悪い面を一味違った視点で描いているのが新鮮でした。
妖怪という存在であるにもかかわらず、決して単なる荒唐無稽でなく、丁寧に作っているなあ。

人間になりたいというべム達を見て、かつて大好きだった人造人間キカイダーを思い出しました。

bf6a7c861dfd5fc771d08ed5d62dd97a.jpg

キカイダーはピノキオがモデルで、やはり人間になりたいと願うロボットとして特に原作では描かれていました。
でも、原作の最後には、こう書かれています。

「ピノキオは人間になりました。めでたしめでたし・・・・・でも、ピノキオは人間になって本当に幸せになったのだろうか?」

名作って、見ている人に考えさせるんですよね。
説明的じゃないから面白い。

妖怪人間べムも、今後に期待したいです。

スポンサーサイト

テーマ:秋の新ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


この記事に対するコメント

こんにちは♪
k社F誌の掲示板からおじゃましました。
そうですか~「妖怪人間」世代じゃないんですね。「怪物くん」の流れで二匹目のドジョウを狙ったのかな~と思うんですが、妖怪人間の世界はもっとずっと重苦しいので実写にするにはどんなものでしょうね。誰が見るんだろ。子供は…うちのコには特撮の妖怪を新聞写真で見ただけでパスされました(T_T)。ので残念ながら我が家では視聴しません。見た目じゃない奥深さを伝えるのは難しい。小さい子が見たらトラウマになりかねませんし(かつての私のように(^^;)週に一回もの凄く恐かった~!)

あ、21日の記事(*^_^*)やっぱくまごろうさんだな~♪お気持ちお察しいたします。
【2011/10/24 11:18】 URL | ボチボチ #- [ 編集]

ボチボチさん。
いらっしゃいませ!
そんなに年いってませんよお~~~~
再放送見たという人は知り合いにいます。
それも若い人で(確か27くらいだったかな?)

21日の記事は・・・いやはや、困ったものです。
全国の人たちが見てるというのに。
僕はもう完全スルーします。
【2011/10/24 18:43】 URL | くまごろう #gBJhpsI. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/1072-75e74ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)