熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



撮りました!ドラえもん電車
9月いっぱいの運行なので、早速撮ってきました。

おお、入ってきた!

RIMG0161.jpg

真正面からドラえもん!

RIMG0162.jpg

出入り口はどこでもドア。

RIMG0174.jpg

普通に開いただけで、内心「おおっ!」
RIMG0173.jpg

つり革は、ドラえもんの鈴とパーマンのバッジ。

RIMG0166.jpg

ドアにはドラえもん。
RIMG0168.jpg

通常は広告のスペースにドラえもん。
RIMG0169.jpg

オバケのQ太郎もあったあ!
RIMG0163.jpg

パーマン
RIMG0164.jpg

キテレツ大百科
RIMG0171.jpg

エスパー魔美
RIMG0170.jpg

ケータイのマナーまで。
RIMG0165.jpg

この電車、他には広告一切ありませんでした。
宣伝費もらってないのだから、これって実質ボランティア同然です。

なお、この電車は全ての小田急の電車ではなくて、一日数本の限定運行です。

こうしてみると、藤子F不二雄氏はこれだけのキャラを生み出してるだけでも凄いですね。
世の中には漫画とかコミックのイラスト描いてる人はたくさんいて、ものすごくうまい人もいます。
ただ、これだけの個性的なキャラを生み出すのは、とっても難しいことです。
一言で言うのなら、それは相当苦労して生み出したものでしょう。

僕は藤子不二雄氏の自伝やウォルト・ディズニーの少年時代の話を読んだことがあります。

藤子不二雄氏は、ある時漫画のネタが浮かばなくて、
「こんなときに漫画のネタがポンと出る機械があればいいなあ」
と思ったことがドラえもん誕生のきっかけだそうです。

ウォルト・ディズニーは少年時代家が貧乏で新聞配達のアルバイトをしてました。
やっぱり苦労しているんですよ。

苦労しないと、いいものはできないんだなあ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/1063-0b6f9767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)