熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



トワイライトエクスプレス
一番乗ってみたい電車

是非切り絵にしてみたい電車

それが、寝台特急トワイライトエクスプレスです。

26083517.jpg

なんてったって、名前がかっこいい!

トワイライトなんてネーミングした人は素敵なセンスですよね

バブル時代に誕生したそうで、大阪~札幌を22時間かけて走ります。

これまで何枚かスケッチしたんですが、どうも何かが違う。

たまたま某鉄道雑誌にトワイライトエクスプレス特集が載ってました。

そこで感じたのは、トワイライトエクスプレスの魅力のひとつは、「人」であること。

車掌、厨房スタッフ、そして整備の人たち。

牽引車両は約40年前のEF81という古い車両なので、遅延の無いように整備するのも結構大変そう。

日本海側を通って青森や北海道を走るから、当然雪がかなり降ることもあります。

寝台にはいくつかグレードがありますが、食事などは事前予約となっていることなどを全ての車両のお客にきちんと説明して回るそうです。
これは結構大変そうです。

食堂車は、ステンドグラスが美しいながらも、どこか昭和っぽい雰囲気。

DSCN2751-thumb.jpg

一言で言うと、現代では非常に珍しい「人の手がかかった旅を堪能できる列車」です。

本来なら、是非乗ってみて、おおいに堪能してトワイライトエクスプレスを感じてみたい。
その上で切り絵作ってみたい。
そういう気持ちにさせられました。

で、名前からしてこういう雰囲気ですよね。

306421862_02.jpg

これほど手間のかかった旅を用意してくれてるんだから。
楽しちゃいけないなあ。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道の旅 - ジャンル:旅行


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiriekumagoro.blog61.fc2.com/tb.php/1049-649238f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)