熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



やった!5時に夢中!に載った!
本日の5時に夢中!で、僕のメッセージがあの内藤聡子さんに読んでもらえました。

特に強烈な木曜日に読まれて感無量です。

さあ、番組ステッカー楽しみ~
スポンサーサイト
妖しい天気予報
私は毎日天気予報を見ています。

その中でも欠かさず見ているのが、5時に夢中!の天気予報コーナーです。

特に水曜日の天気予報が実に妖しいんです。

まずはこちらの動画をどうぞ。
なんちゃって木簡
早速書いてみました。

まずはこれ。

風林火山

風林火山

木簡は普段使われている楷書と違って隷書なので、とめや払いなどを使わずに書きます。

続いては

杜天漢詩

唐の詩人 杜甫・・・ではなくて杜天の詩集からいくつか抜粋して書いてみました。

昔、学校で習った五言絶句とか七言絶句などの漢詩です。

はっきり言って全然上手くないけど、いろいろ書くとなんだかそれらしく見えちゃう・・・かなあ(自己満足)

今はとりあえず書いているだけなので、まだまだ字に遊びが足りないですね。

もっと木簡で遊んでみよう。
はじめてのおつかい
これは、いつ見ても泣けますね。

今までどんな映画を見ても涙の一滴も出ない僕ですが、これだけは涙腺にかなり刺激受けますね。

子供達の個性豊かなこと。


とめはねっ!
ひょんなことから偶然この漫画を手に取りました。



この中で、まだ紙が無かった頃に使われていた木や竹などに書かれていた木簡が紹介されてました。

こんな感じです。

木簡1-2

この文字は、今の書道と比べると必ずしもきれいとは言えないものの、なんともいえない味わいがあるように感じました。

そこで、あくまでもなんちゃって木簡ですが、木簡の本を求めて近所の図書館へ行って調べてみることにしました。

筆ペンでなんちゃってで書きますが、ふと考えていることにうまく役立てばいいかなと。

あと、絵描きって何かしら刺激になるものが必要です。

一番コワいのがマンネリなんですよね。
明けました


喪中のため、おめでとうとは言えませんが、今年はいい年にしたいです。