熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌードデッサンスクーリング
所属しているスクールのヌードデッサンに参加してきました。

某先生に久々にお会いできました。

最初に自由作品の講評があり、その後デッサンを行いました。

あえて後ろ姿ばかり描きました。

顔が見えるとどうしても顔が気になってしまいがちで、体全体のデッサンをしっかりやりたかったから。

それに後ろ姿描くほうが上達するから。

デッサン1

久しぶりにみっちり描いた後は、某画廊へ移動して先生の個展を先生たちと一緒に観に行ってきました。

久々に充実のひとときでした。

スポンサーサイト
高倉健さんへの献花
まずは、心からご冥福お祈り申し上げます。

本当のスター俳優さんでした。

そして今時の芸能人とは比較にならない驕ったところのないお人柄が素敵でした。

芸能人というと威張り散らすというイメージがあります。

以前、道路工事のおじさんから聞いた話。

偶然U宮辰夫が車に乗ってきて

「おい、俺が通るんだからどけ!」

「すいません、工事中でして」

「うるせんだよ、どけ!」

って散々ごねられて大変だったそうです。

まあU宮ごときでは高倉健さんの足元にも及びませんが。

ところで、ファンが献花しているそうですが、あの人たちは事務所の発表を知らなかったのかなあ?

こんなことが書かれていましたっけ。

「勝手ではございますが、供物や供花はご遠慮させていただきます」

これって実はさすが高倉健さんの事務所の配慮だなあと思いました。

葬式で感じたことなんですが、葬式のお花って後でどうなるかといいますと、遺族の家に全部送られてしまうんです。

家の中にそんなに花だらけにできないし、花っていずれはしおれるもの。

後始末が非常に大変です。

あれだけの大スターですから、供物や供花なんてまともにもらったら大変なことになるでしょう。

なのに献花台なんて作るわ、献花するわマスコミは美談めかして報道するわ

みなさん葬式やったことないのかな?

こうして見ると、世の中気が利かないというか配慮のない人がたくさんいるんだなあって感じました。

無礼かもしれませんが、自己満足も一部あるとは思います。

あのたくさんの献花台の花、一体どうなるんだろう?


のりピーが!
まさか5時に夢中!に出てくれるとは。

時代も変わったものです。
打ち上げ
昨日までイラスト仲間とグループ展で、打ち上げに参加してきました。

今回は知り合いにあえてDM出しませんでした。

というのは、イラスト仲間と出会ったスクールが段々厳しくなっていることを改めて知り、少なからずショックがありましたから。

DM出して来てくれた方に対して自分なりにおもてなしできるかどうか不安でした。

なんだか切なくなってしまいました。

絵を書く事自体、手描きからデジタルに切り替わってきています。

中には大して基礎が無くてもソフトがかなりカバーしてくれる機能までついているものもあります。

自分なりに手書きとデジタル(練習中)やっていて、やっぱりデッサンが必要だなと。

デジタルで描くにもスケッチしていて、デッサンで培う力ってスムーズにアイディアを形にしてくれるから。

あと、創りだすという感触は、やっぱり手描きかなあ。

イラスト仲間には僕より上手い人がたくさんいます。

自分より上手い人から刺激を受けることは、上達への近道です。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。