熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



いいとも最終回で
今日の最終回のテレフォンショッキングのゲストは、ビートたけしでした。

久々にこのコーナーで大笑いしました。

昔はテレフォンディレクター・ブッチャー小林というディレクターが電話の取次ぎをしてました。

あの頃はハプニングあったりして面白かったです。

今は映画やドラマの宣伝ばかりでつまらなくなりました。

ブラックジョークの表彰状も笑ったけど、なんてったって大橋巨泉ネタは笑いましたね~~~

かつて「世界丸ごとハウマッチ」という番組がきっかけで、巨泉とたけしがゴルフをしに行った伊東で

「巨泉さんは自分だけ一番いい部屋を買って、朝起きるとコーヒー飲みながら

「伊東の朝は早い」なんて言っちゃってさ~」 」

などと散々言ってましたっけ。

あつかましいキャラではありましたけど、タモリいわく

「あるとき、時間があってテレビ局の駐車場で自分の車の中で寝てたら、巨泉さんがいきなり助手席に乗ってきて

おう、タモリ。お前のあの番組面白いな! 出てやるよ!

別に出てくれって頼んでもいないけど、一応プロデューサーに話しておきますとは言った。

すると、久米宏さんが通りかかったので、巨泉さんは

おう、久米!お前の番組出てやるよ! って、あの人は玄関先で仕事してるんだよ」

いかにもそんな感じのキャラだけに大笑い!

未だにネタにされるというのもすごいけど。

面白いものを作れる人って、結局本人が面白いから作れるんです。


スポンサーサイト

テーマ:笑っていいとも! - ジャンル:テレビ・ラジオ

よく見リャ似てる?
このおふたり似てると思いませんか?

フィギュアスケートの町田選手

fig13112405020004-p3.jpg

そして、スネ夫君
28ec9e67e709f2a61b18f062213b7a37_400.jpg

君ならできる!?
先日有名なコンクールで優勝した10代のバレエダンサーが首相官邸に招かれて、ご覧のポーズ。

20140320-00000041-jijp-000-1-view.jpg

君ならきっとできる!

LUwOssE9.jpg

大リーグボール2号!きっと投げられる!なんてね。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

渋谷なう

これから観てきます。
楽しみo(^-^)o

内子からり
さきほどカンブリア宮殿を見てました。

道の駅の特集でした。

その中で特に印象に残ったのが、愛媛県の内子からりという道の駅。

ここで野菜などを直売している農家の方たちが生き生きしているのは果たしてなぜかといいますと

ある農家の女性いわく

「自分の価値は自分で決める」

というのは、従来の農協におろしているだけだと、どこのスーパーでいくらで売られているのかなど一切わからない。

農家は作っているだけで、仕事に対する充実感が無い。むなしい。といったところ。

それがある日、作ったしいたけをからりに持っていったところ、お客さんと色々やりとりしてお客さんが喜んで買っていく姿を見て俄然やる気がでてきたようです。

上記の自分で決めるというのは、僕なりの解釈だけど

「自分の価値は、自分で(直接お客様と接した上でお客様からの評価で)決める」


絵描きって、ともすれば自己満足にはまってしまいがち。

それでいて、人から評価されたいほめられたいという欲求持ってる人が非常に多いけど

それならば自分からいろんな形でお客様に接して、甘い言葉も苦い言葉も全て糧にして

欲しい評価を自分の努力でもぎとること。

だからAKBの高橋みなみちゃんの言葉

「努力は必ず報われる」

僕は支持したいですね。

テーマ:愛媛県 - ジャンル:地域情報

これだなあ
イラストの売り込みで苦労している方たちの話聞いてると

「きっと、そのうちいいことあるさ!がんばろうよ!」

と言いたくなるくらい同情してしまうことも。

まあ、僕もまだまだ苦労が足りないなあ。

その一方で、ホリエモンチャンネルなどを見ていていろいろ感じた事がありました。

それにそって動くと・・・いやいやチャンスってあるぞ。

というわけで、それにそって沢山描いてチャレンジします。
ほめることの妙味
僕の所属している絵のスクールには、ほめられたい人が大勢います。

もちろんほめられるに値するものすごくうまい人は沢山います。

一方で、「どこをほめたらいいの?」という方も・・・まあ多分沢山います。

人間誰だってほめられたいでしょうし、ほめられたら嬉しいよね。

だけど、ほめられるよりもほめる方が難しいし、頭を使います。

最近、テレビや舞台などでバックダンサーしている人と知り合いました。

本人は言わないけど、周囲からちらっとそのことを耳にしました。

どんな舞台に出たのかなあ?気になったので、つい先日一緒に仕事したので、あることを試みました。

以前観に行ったKバレエや歌舞伎の話をさりげなくして

「舞台って素晴らしいね。テレビや映画には無いそこだけの空気があって、わくわくしたし心の健康にとっても良いね!

舞台の仕事している人って素晴らしいと思うけど、きっといろいろ大変なんだろうなあ。すごいと思う」

などと褒めちぎりました。

こうやって、リラックスしてもらって話しやすい雰囲気を作ろうとした次第です。

そして、一緒に昼飯に行った頃には、本人から進んで某テレビ番組のハプニングやら舞台である主役級の女優の降板騒動やら色々聞かせてくれました。

なかなか面白かったです。

彼が言うには

「僕らの世界で練習して上手いなんていうのは当たり前で、本番直前に振り付けが突然変更になっても、その場ですぐに対応できるのがプロなんです」

ですって。

来月にOAされる某番組に主演予定なので見ようっと。
みんな手ごわいのう~
このところネットのイラストのコンペに参加しておりますが、みんな手ごわいのうう~~~~~

どう見ても、こりゃあプロのグラフィックデザイナーだろう!ってつっこみたくなるものが沢山あるし。

今後はこういうアウトソースが増えるんだろうなあ。

最近ホリエモンや大前研一といった人たちの動画を見てると、紙の媒体には出てこない話がい~っぱい出てきます。

なんだか知らない事だらけなんだなあ。

これからの世の中がどうなっていって、どのように対応するかはもはや紙じゃなくてネットで探すほうがいいかも。


久々にネコ
とっても久々に作ってみました。

ネコ

ネコって目の描き方がポイントというか、味が出るなあと思います。

テーマ: - ジャンル:ペット