熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



陛下って優しいなあ
福島のお米を「いただこうか」とおっしゃったとか。

慈悲深いといいますか、優しい方ですね。

大震災の直後にも被災地を何度も訪問されていたし。

どこぞの電力会社の食堂は未だに一切扱ってくれないけど。


スポンサーサイト

テーマ:ちょっといいニュース。 - ジャンル:ニュース

万歳はいかがなものか?
今日の白鵬VS稀勢ノ里の取り組みは見ごたえがありました。

にらみ合いも、かつての千代の富士と北天佑を思い出しました。

結果は稀勢ノ里が勝ちました・・・が、しかし。

横綱が負けたのだから、座布団が飛ぶのはいかしかたないかもしれませんが

場内の万歳三唱は、いくらなんでも横綱に失礼だなあと思いました。

白鵬関がかわいそうでした。

もしこれが朝青龍なら、良くは無いけどまあしょうがないかもとは思います。

でも白鵬は横綱としてふさわしいお相撲さんです。

これは世代的に良くない表現かもしれませんけど、相撲ファンって高齢者が多いから外国人力士を差別するのかなあ?


テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

頭から煙出そう
遅まきながら、イラストレーターの練習を始めました。

いやはや、悪戦苦闘中。

いろんなコンペ見てると、イラストレーターによる入稿希望の多いこと。

現状ではこの先厳しいなと思っているので、とにかくいろんなコンペにチャレンジできる体制を整えねば。
くたびれたあ~
ついさきほどまで、とあるネットのロゴのコンペの作品を再作成してやっとアップしました。

なんとクライアントさんからメッセージを頂きまして、ご要望に沿って作成した次第です。

決して卑屈になるわけじゃないけど、どうみてもバリバリのプロっぽいロゴデザインがたくさんあっただけに、鼻も引っ掛けられないかもしれになあと思ってました。
それだけにびっくりしたのと、勿論僕以外のたくさんの参加者にメッセージ送ってはいるかもしれない。

でもそれだけ時間を割いてメッセージ頂いたわけだから、これはなんとしても修正案を出さなければ!

実はメッセージ確認した時点でタイムリミットまであと4時間切ってました。

もうここまで来たら、結果はさておき思い切ってやってみよう!

慣れないデジタルであれこれミスしながらようやく作って提出しました。

もう気分はまな板の上の鯉。

それにしても、人間にはある程度の競争は必要なんだなあ。

久々にワクワクしたり、闘志に火がつきましたから。

だからこそ、乏しい脳みそ振り絞ってあれこれ調べて、まだまだへたくそなデジタルでロゴ作ったんですから。


イグノーベル賞
時には埋もれた研究や発見に対して、時には痛烈な皮肉を込めて様々な分野の業績に贈られるイグノーベル賞。

つまり、授賞理由にはユーモアも皮肉もこめられているのです。

実は、賞金は・・・・ゼロです。

業績もさることながら、受賞者も変わった人が多いそうで

中には本人が見つからなかったり、見つけるまで何年もかかったり、授賞式の時に刑務所にいた人もいたとか。

受賞者と授賞理由について、ごく一部を挙げると


1996年 平和賞 ジャック・シラク 「広島原爆50周年を記念して南太平洋で核実験を実施したことについて」

1997年 経済学賞 たまごっち開発者「数百万人の労働時間を仮想ペットの世話に転換させたことに対して」

2004年 平和賞 カラオケの発明者 「人々が互いに寛容になれる全く新しい方法を提供したことについて」

授賞理由を、そのまんまストレートに真面目にとってはいけませんよ。

研究とは、目先の結果ばかりにとらわれてはいけない、好奇心に基づいたものであることが大切だという意味合いもあるとか。

一見ムダだとかばかばかしいことが、その後多おおいに役立つことにつながった例はいくつもあります。

授賞理由を見て笑おうが馬鹿馬鹿しいと思おうが、感じることが人それぞれ違うということが大切。

それこそがイグノーベル賞ならでは。

イグノーベル的な絵のコンテストがあったらチャレンジしてみたいです。
ライバル多し!
ここ最近、イラストのコンペをあちこち探しては参加してます。

まあ競争激しいですね~って、当たり前か(笑)

誰だってチャンスをものにしたいですもんね。

とはいえ、もはやデータ入稿対応は必須ですね。

参加作品を敢えて公開するお客さんもいれば、非公開も。

いかに工夫するか。

いかにも「これプロだなあ」というものも沢山あるだけに、差別化については相当な工夫が要ります。

たとえ人物じゃなくても、デッサン力って大事ですね。

比較されると、デッサン力の無い人だとそういう面があぶりだされちゃうと思いました。


テーマ:イラストレーション - ジャンル:学問・文化・芸術

銀座にて
そういえば、今日まで銀座でグループ展やってました。

久々に伊東屋へ寄って、切り絵の紙を購入してきました。

ついでに、ブランドショップのディスプレイも。

さすがに色々工夫してますね~

まずはルイヴィトン
RIMG1005.jpg

カルティエ
RIMG1008.jpg

ブルガリ
RIMG1007.jpg
一瞬、怪鳥ロプロスかと思いました(古いなあ~)

その後は、打ち上げ。

ここ銀座かい?と思うようないろんな日本酒のあるお店でした。

お互いに刺激になるグループ展は必要だなあと感じました。


あけぼの~
今や数少ない寝台列車「あけぼの」

EF81_138_Akebono_at_Aomori_Station.jpg

上野~青森を走っている貴重な寝台列車ですが・・・あんんだか来年の3月で廃止されるとか。
JRからはまだ正式発表されてはいませんけど。

鉄道ファンは、写真ばかり撮ってないで、もっと乗りなさいよ~

マイカーや高速バスで安く上げて写真撮ってるだけというのはいかがなものか?

大好きな鉄道に長く走ってもらえるようにするには、みんなが乗ることが一番大切なんだから。

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行