熊吾朗的動物画
新たに切り絵専用のHP「琉世の切り絵」を作成しました。リンクをご覧ください。尚、切り絵およびイラスト等の転用を禁じます。
プロフィール

くまごろう

Author:くまごろう
ちゃんとひげを剃っていても、写真を撮るとなぜかひげの剃り跡があまりに目立つので、親から「お前の顔、くまごろうとかごえもんて感じだ」といわれたのが由来です。
今では、本名より気に入ってる名前です。



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QR



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



大阪桐蔭!
高校野球も、ここまでえげつない事をするようになったか~
大阪桐蔭VS県立岐阜商業の試合にて。

9回2死で同点のランナーが本塁狙って突っ込んだのは良いけれど、明らかにアウトのタイミングでした。

回り込んで滑り込むとかならまだ分かるけど、なんと体当たり!

20130331-<br />380419-1-N.jpg

落球したキャッチャーを見て「セーフ!」
でも審判はアウト宣告しました。
高野連がルール作ってたんです。
「意図的に落球を狙ったプレーについて、例え野手が落球しても審判の判断でアウトにできる」

20130331-380442-1-N.jpg

当然です。
こんな悪質なプレーがアマチュアにはびこったらけが人続出です。
こういうプレーする選手は大学も採らない、ドラフトからも外すくらいの厳しい措置を望みます。
汚いプレーは徹底的に厳しくしてほしい。

ただ、大阪桐蔭のレギュラーのキャッチャーもまた、アメリカとのU18だったかな?試合でこういうラフプレーで怪我したらしいです。
勝てば何やってもいいという風潮はいかがなものかと思います。

甲子園といえばお涙頂戴みたいな番組ばかりじゃなくて、こういうラフプレーについてもきちんと報道すべきですね。



スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

バラの花束
バラの花束を切り絵にしてみました。

バラ花束


写真を参考にはしましたが、光の当たり具合を意識した色使いにしました。

写真って、レフ板や複数のフラッシュなどで光を作ったりするので、あまりに写真どおりにしようとすると
かえって間違った絵になることがあります。

早速第二弾に取り掛かります。
あくまでこれは叩き台。
「花だけ」「電車だけ」「人物だけ」では通用しないと思っているので色々と。

テーマ:フラワーアレンジメント - ジャンル:趣味・実用

五時に夢中!
今日のコメンテーターは、美保純さん&中村うさぎさん。
なぜかコスプレ!
特に美保純さんのどでかいリボン最高~
おふたりともかわいい50代です。
面白すぎ!
何事も、中途半端はいかん!







ところで、番組の中で中村うさぎさんが良いこと言ってました。
あるジャーナリストが
「女性にもてるには、笑顔とおだやかな話し方です!」
と力説してました。
MCのふかわりょう曰く
「僕は、普段あまり笑顔ってなかなか出来ないので・・・」
するお中村むさぎさん曰く

「でも、それも含めてのふかわ君なんじゃないの?
あたしは、やたら笑顔でいる人ってかえって信用できないけど」

いい事いうなあ。

女性の場合、人見知りという言葉をよく使うし、それが許されるけど
男性で「僕人見知りなんです」なんて言うと軟弱モノって見られがち。
とかく言い訳が許されないのが男の世界。
僕?
男同士なら言い訳許さないかもね。

だから男の世界に、本来はむやみに女性に踏み込んで欲しくないんだけど。
厳しくせざるをえないから。

僕も10代の頃は、人前で笑顔になりにくい環境だったので、
人前でやたら笑顔でいられる男性って要領のいい人が多いと思います。

世の女性の皆さんには、うわべの笑顔ばかり見ないで頂きたいものです。
男性だって「人見知りです」で済ませられたらどんなに楽か。

テーマ:5時に夢中! - ジャンル:テレビ・ラジオ

満開
今後の切り絵の資料代わりにと近所の桜を撮って来ました。
これだとあさってには葉桜になりそう。

RIMG0870.jpg

実際にはマクロモードでどアップの写真がほとんど。

いろいろ狙いがあったので。

今後の切り絵の方向性について試してみるのにいいタイミングだったかも。
プロの宿命
イラストのスクールの友人とやりとりしたり、時には先生のスクーリングに参加したりすると

プロ目指してます!という人って本当に多いですね。
ただ、うまい下手とは別に意外に見落とされがちなことがあります。

あるイラストレーターの先生から聞いた話から感じたことですが



プロになるということは、決して自分の好きなように描けるという事ではないと言うことです。

自分の好きなジャンルのオファーが来るとは限らないし、むしろそうじゃない可能性のほうが高い。

マンガでいえば、持込して「雑誌Aでこのマンガを連載できたらいいな」
と思っていても

「こういうマンガは既に似たようなジャンルのマンガが連載されてるし、あなたなら雑誌Bの方が向いています」
みたいなことを言われて、全然違うジャンルだったらどうでしょうか?

「それなら、チャレンジしてみよう」となるか
「いや、それでは私じゃない!」と拒否するか

私じゃない!っていうのは女性に多いですね。
そういうのは、有名芸能人のレベルなんですけどね~

読者ってマンガを読んでくれても、作者には誰も興味なんて無いはずです。
単純に面白いかどうかですから。
マンガって人気商売だもの。

手塚治虫とか石ノ森章太郎なんて、それこそ多岐に渡るジャンルのマンガ描いてます。
一流の人ってオールランドなんですよ。

そこは僕も見習わなきゃいけないなあと痛感しています。
オーバーナイトサクセス
SONYのカセットテープのCMで流れてた歌です。

当時のCMはこちら.


このCMに出てくる人たちは明るく振舞ってる設定だけど、

現実には昼間にバイトしたりオーディション落ちたり

それでも好きだから頑張ってる。

もちろんいつまでも若者でいられるわけじゃないからタイムリミットはあるけれど

後でウダウダ後悔しない生き方でいいんじゃないかってこのCM見てると感じました。

こういうCMこそ今テレビで流して欲しいですね。

テーマ:気になったCM - ジャンル:テレビ・ラジオ

いつの間にか
今はヤクルトレディっていうんですね。

昔はヤクルトおばさんって言ってたはずだけど

今そんなことを言ったらヤクルトおばいやレディさんにぶっとばされるなあ~
やってみよう
うまくいく保障はなにも無いけど、まずはやってみようと。

「あの時やっていればよかった~」
こういうのが一番イヤなので。

とりあえず今こんな感じです。

RIMG0851.jpg

普段からスケッチしてないと、絵を描くという事は格段にへたになりますね~

とはいえ、実は花苦手です。
葉っぱなんて描いてると、思わず「ア~!」ってなりそう。
アゲハ
久々にアゲハの切り絵作ってみました。

RIMG0849.jpg

蝶特にアゲハは実に絵になります。

花鳥風月は一応おさえておきたいので、これからちと花いってみようかなと。
第1622回「運転してみたい乗り物」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当山本です今日のテーマは「運転してみたい乗り物」です。自動車やバイク免許を持っている方は沢山いらっしゃると思うのですがそれ以外にも色んな乗り物がありますよね~カッコイイ乗り物を見ると、運転してみたい!と思っちゃう、いつまで経っても子供っぽい山本なのですが、最近は船を運転してみたく、現実的に小型船舶操縦免許を狙っております。笑飛行機やヘリコプター等、空を...
FC2 トラックバックテーマ:「運転してみたい乗り物」



今は3つあります。

1、エアバスA380

これです。

Airbus_A380.jpg

理由は、コックピットがカッコいいから。

これです。

021706-8.jpg

操縦桿が消えて、サイドスティックになりました。
そして操縦桿のあった真ん中には、折りたたみ収納できるコンピューターのキーボード!
かっこいい!
これ欲しい~~~

実は、コックピットフェチでして、飛行機のコックピットの写真集を持ってるくらいです。

2、古きF1マシン、タイレルP34 伝説の6輪車です。

101_27.jpg

これを鈴鹿サーキットで全開で乗ってみたいです。
多分5分くらいでへたばってしまうでしょうけど。

3、実現性が最も高いものです。

スズキGSX-R750

gsxr750_c_ph01.jpg

現実に運転できる乗り物で、僕が一番ワクワクできるのがオートバイ。
最近、やけにこのバイクが気になるんですよね。

足回りのセッティングをチョコチョコいじりながら、以前住んでいた長野のワインディングを走ってみたいですね!

絵に限らずクリエイティブなことをするなら、自分の心がワクワクドキドキしなきゃ!

遊び心のあるイラスト描くなら、なにかしら遊ばないと。
ありそうでなかった
電車に乗ってたら、この懐中電灯の広告を見ました。

235219_img_01.jpg

単一~単四までのどの乾電池でも使用できるのが特徴。
確かに、いざ使おうとして
「あ!単三電池無い!単四ならあるのにい~」
なんてことよくありますよね。

ありそうでなかった盲点だなあ。

イラストも、こういう盲点ってきっとどこかにあるはずです。
皆が気づいていないだけで。

そう思って、ちょっとしたひらめきである雑誌を買いました。

イラスト4枚仕上げたら、そこから新たに切り絵制作して、売り込みPR用にします。

矢は放たねば。